コンテンツにスキップ
Double Planet 第12話

雙行星第12集

雙行星
第12集“即使在這樣的一年裡,聖誕節也會像聖誕節一樣到來”
Luca Tamaru (Furutajun & Yota Kanda / Radio Shonan Personality)

十二月的俱樂部房間比我想像的要冷。把自己留在不可靠地搖頭的電爐裡,只能聽到夏樹咬著的手轉動劇本的慘叫聲和慘叫聲。我傻眼了,想起了那一天。仰望海灘的星星,談話,黎明,日出,首班車,江之電,母親的藉口。我不知道這個表達是受什麼啟發的。我把溢出的想法寫下來,去圖書館做一些研究,把所有的截止日期都裝進劇本里,好像這是一個詭計。用這樣的詞很尷尬,但如果我敢用它,我就完全專注了。是的,我專注於完成《天空與謎題》的劇本。

讀到最後的夏樹顫抖著說道。

“這是什麼……很危險”

我很自信。相反,我不能寫更多的東西。老實說。

“人物的造型和故事的發展都不錯,我覺得進步了很多!”
“很好”

我簡短地回應,扼殺了我的喜悅。 《天空與謎題》的劇本很順利。我和夏樹又向前邁了一步。

“好吧,你從這裡做什麼?你如何進行這項工作……”

畢竟,在文字那裡詰まった。相変わらずコロナの影響で活動は見通しが立ってない。というよりも、状況は悪化しているのかも。先月の文化祭も中止になったし、演劇部の活動もしばらく休みが続いている。このままだと2月の卒業生を送る会も中止になるというのが、もっぱらの噂だ。自由な活動を許されていた頃が、もうずいぶん昔のことのように感じられる。せっかく台本はできたのに、それを上演する機会と場所がない。これはツラい。はぁ。しばらく黙っていると、ナツキは小さく折り畳んだ紙を私に差し出した。

「ルカ、これ読んでみてくれない?」

「何それ……」

私は折り畳まれた紙を受け取り、おそるおそる開いていくと、汚い字で「作戦」と書かれていた。私が知っているナツキの字じゃない。文字らしい文字はあまりなくて、カメラとパソコンをケーブルで繋ぐ配信システムの図説らしきものであることが分かってきた。

「この前、カレシに相談したのね」

「え、待って待って。カレシ……?! え?え?」

「そっか、まだルカに言ってなかったよね。私、先月から付き合ってる人がいるの。放送部の武村くんって知ってる?」

武村友治。1年生の時、同じクラスだった男の子だ。彼が音楽に詳しいのは知っていたけど、それぐらいの印象しかない。正直、イケメンなタイプでもない。面食いを自認していたナツキが好きになるのは意外だった。

「グイグイ言い寄られちゃってさー」

ナツキは照れながら満更でもない様子で言った。きっと二人にしか分からない何かがあったんだと思う。けど、それを根掘り葉掘り聞くよりも、まずはこの紙に書かれた図説の意味だった。

「この作戦って……」

「武村君が配信しちゃえば?って言うんだよ」

確かに、コロナ禍の中、配信公演は増えてきている。私も気になった劇団の配信公演をいくつか観た。でも、まさか自分達でやろうとは思いもよらなかった。だって、やり方も分からないし、ちゃんとやるならお金がかかるって聞いてたから。

「もしやるなら、放送部が手伝ってくれるって」

「えっ、ほんとに?」

「演劇部と放送部のコラボ公演ってことで、放送部の部費も使えるようにするって」

ナツキはどこか誇らしげだった。武村君がどんな人なのかよく知らないけど、大好きなカノジョのためにここまでやってくれると言うのなら、信頼してもいい気がし稻田。

“說不定是外賣表演!”
“好!今天就見你,那我就說吧,我決定了,就得修煉!”
“沒錯,你會很忙的!”

我離開高中,前往藤澤站。到處都是趕回家的人。
我的步態很輕。我們已經推進到分銷績效的下一步,這是一件大事。

突然,我在車站停下,背靠著牆拿出智能手機。

啟動LINE並用拇指滾動。
我一尋找藍色星球的圖標就找到了它。

“天空和謎題很可能會作為廣播表演進行。”

我按下了提交按鈕。
1分鐘, 2分鐘,…… 5分鐘。
很難閱讀。

我厭倦了等待閱讀並開始在車站周圍走動。

有一個招牌接受聖誕蛋糕的預訂。即使在這樣的一年裡,聖誕節也會像聖誕節一樣到來。夏樹可能會和她的情人竹村在一起。也許他們會互相交換禮物。在聖誕節,我只在漫畫和戲劇中看到過。夏樹想著自己作為演員的退縮度會再增加一個。好,好,好夏樹。

聽到LINE鈴聲,急忙打開手機。

“你什麼時候回來?”

是我媽媽寄來的。
嘗試點擊藍色星球圖標。
還沒讀。

那傢伙是什麼人?

"alt=""class="aligncenter size-medium wp-image-240428"width="720"height="425"/>

兩天后,來自青野先生的回复。

“抱歉回复晚了,我覺得交付表現不錯!恭喜你,我終於完成了這首歌。我人生第一次從頭到尾自己製作的歌曲。主題曲《天空與謎題》。我想讓丸山先生先聽聽。”

在結束的信息之後附加了一個聲源。

突然,我的胸口開始顫動。
不知不覺間,我的口乾舌燥。

我點了播放鍵,慢慢閉上了眼睛。

“未完待續”

* 你可以在這裡看到後面的數字。