Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
【d】  演出家 鈴木裕美の演劇のことを話す時間 Vol.5 韓国で「花より男子」を演出した時の話
演劇・ダンス
2020.10.21

【d】 演出家 鈴木裕美の演劇のことを話す時間 Vol.5 韓国で「花より男子」を演出した時の話

毎回違うテーマで演出家 鈴木裕美が「演劇のことを話す時間」第5回目です。鈴木裕美コメント◉今回のテーマ 韓国で「花より男子」を演出した時の話私は、2016年にシアタークリエで上演した「花より男子 The Musical」を、その翌年の2017年に、韓国に3ヶ月弱滞在して演出しました。戯曲、音楽は基本、日本で上演した時のもの、そのままだったのですが、美術、照明、衣裳などの全てを、韓国人スタッフと新たにデザインし、俳優も全て韓国の方で、日本人は私だけというカンパニーでした。私は韓国語が話せないし、ほとんどの役がトリプルキャストという芝居作りも初めてだし、稽古の仕方の違いも多岐にわたって存在し、目を白黒させる日々でした。もちろん、演劇って全世界共通なんだなぁと思うこともたくさんあり、総じて素晴らしい経験でした。だいぶ時間が経っているので、古い情報になってしまっている部分もあるとは思いますが、 韓国と日本のミュージカルの作り方の違いや、 俳優やスタッフに対して感じたことなどをお話ししたいと思います 。ご質問にもできる限りお答えします。

関連記事