Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
【d】  パラトリ オンラインゼミ メディアラボ 公開トーク1 「越境するつたわりかた」
美術・写真 その他
2020.09.16

【d】 パラトリ オンラインゼミ メディアラボ 公開トーク1 「越境するつたわりかた」

パラトリ オンラインゼミ メディアラボ「パラ枠をこえる伝えかた研究所」ー仲間になることから、「伝える」をはじめようー■公開トーク1「越境するつたわりかた」3年に一度開催している障害者と多様な分野のプロフェッショナルによる現代アートの国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」。3度目の開催となる2020年には、各分野の方々と学び合う、「食」と「メディア」のオンラインゼミを開催しています。メディアラボは、障害者と多様な分野のプロフェッショナルとの、共創の面白さの「伝えかた」をテーマに、メディア関係者、障害当事者、アーティスト、パラトリに関心のある人といった多様な立場の人々と学び合う場。この公開トーク1では、「越境するつたわりかた」をテーマに、東京レインボープライドを盛り上げ、LGBTQ理解を促進するシーンを作ってきた杉山文野さんをゲストに迎え、メディアラボディレクターの中嶋涼子の自身の活動経験などをもとに、当事者性を超えて、様々な人を巻き込みながら活動することの可能性を明らかにします。【公開トーク1「越境するつたわりかた」】登壇者:杉山文野(NPO法人東京レインボープライド共同代表理事)、中嶋涼子(車椅子インフルエンサー/メディアラボディレクター)日時:9月26日(土) 10:00〜11:30会場:オンライン■登壇者プロフィール杉山文野(すぎやま・ふみの)NPO法人東京レインボープライド共同代表理事1981年東京都生まれ。フェンシング元女子日本代表。トランスジェンダー 。早稲田大学大学院教育学研究科修士課程終了。2年間のバックパッカー生活で世界約50カ国+南極を巡り、現地で様々な社会問題と向き合う。日本最大のLGBTプライドパレードである特定非営利活動法人東京レインボープライド共同代表理事や、日本初となる渋谷区・同性パートナーシップ条例制定に関わり、渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員も務める。現在は一児の父として子育てにも奮闘中。株式会社ニューキャンバス HP:https://fuminos.comNHK カラフルファミリーYoutube動画:https://www.youtube.com/watch?v=uAfb6u1KVcU中嶋涼子 (なかじま・りょうこ)車椅子インフルエンサー/メディアラボディレクター9歳の時に原因不明で下半身不随になり車椅子での生活へ。 高校卒業後はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに留学。2012年、南カリフォルニア大学映画学部卒業後は日本へ帰国し、FOXネットワークスにて映像エディターとし働く。兼ねてから感じていた、障害者として生きづらい日本の社会環境に疑問を感じ、海外で吸収した心のバリアフリーを日本(日本人)に伝え、誰もが暮らしやすい社会作りに貢献したいと決意し、2018年に車椅子インフルエンサーに転身。現在はYouTubeやテレビ出演、講演活動等を通し、様々な分野で日本(人)をバリアフリー化するための活動に取り組む。中嶋涼子公式WEB : https://ryoko-nakajima.comYouTubeチャンネル『中嶋涼子の車椅子ですがなにか!?』https://youtube.com/channel/UCeSsxoqjXX_R4kvAD1PI1iw■パラトリ オンラインゼミ メディアラボとは3年に一度開催している障害者と多様な分野のプロフェッショナルによる現代アートの国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」。3度目の開催となる2020年には、各分野の方々と学び合う、「食」と「メディア」のオンラインゼミを開催しています。メディアラボとは、障害者と多様な分野のプロフェッショナルとの、共創の面白さの「伝えかた」をテーマに、メディア関係者、障害当事者、アーティスト、パラトリに関心のある人といった多様な立場の人々と学び合うラボ。東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向け、パラリンピアンの活躍がメディアで報じられる機会がぐっと増えました。それにともない、障害のあるタレントやパフォーマーが次々に誕生し、多様な障害に対する理解を、わかりやすく楽しく伝えるコンテンツもまた、多く見られるようになりました。一方で、多くの人にとって、障害理解はまだまだどこか他人事です。誰もが無意識に持っているバイアスを超えて、障害の有無によらない個々人の才能と可能性を伝え、東京2020以降にもこうした活動機会を絶やさないことで、誰もが暮らしやすい社会の実現をうながす「伝え方」の集合知を、ラボを通じて形成します。■ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020 開催概要会期:プレ期間2020年8月24日(月)~、コア期間2020年11月18日(水)~ 11月24日(火)会場:オンライン、横浜市役所(新市庁舎)主催:横浜ランデヴープロジェクト実行委員会、NPO法人スローレーベル共催:横浜市(文化観光局・健康福祉局)補助:令和2年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業協力:神奈川県遊技場協同組合・神奈川福祉事業協会、株式会社FREEing、株式会社JVCケンウッド、横浜市立みなとみらい本町小学校特設WEB:https://www.paratriennale.net/2020

関連記事