Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
企画展示「ハマの大地を創る-吉田新田から近代都市へ-」
その他
2016.04.04

企画展示「ハマの大地を創る-吉田新田から近代都市へ-」

横浜開港資料館 

【休館日:月曜日(7/18は開館)】
 
市役所や県庁などが所在する横浜市域の中心部は、かつては元町あたりから北へと伸びる横浜村の砂州と、それによって東京湾と区切られていた入海でしたが、江戸時代の新田開発により、次第に田や畑といった耕地へと変わります。結果的に、この入海の陸地化が開港場の建設を容易にするとともに、その後における都市域が拡大する用地を準備したことになります。江戸時代における新田開発が近代横浜の基盤を創り上げたのです。
この入海に成立した新田の内、最も早くかつ大規模であったものが吉田新田です。江戸の材木商人である吉田勘兵衛によって開発されたこの新田は、350年程前の寛文7(1667)年に完成しています。吉田新田の開発により、入海の約8割が陸地となりました。その後、残された入海も19世紀初めから半ばにかけて、横浜新田・太田屋新田として開発されていきます。
本企画展では、こうした17世紀半ばから明治初年までの約200年間にわたる入海→新田→近代都市という横浜都心部の景観の変貌について、その起点となった吉田新田の開発を中心に紹介します。

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 開催期間:開始日
    2016.04.15
  • 開催期間:終了日
    2016.07.18
  • 時間
    午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)、水曜は午後7時(入館は6時30分まで)
  • 住所
    〒231-0021 横浜市中区日本大通3
  • 休館日
    every_monday,^2016/07/18
  • 券種/料金
    一般:200円、小中学生100円
  • お問い合わせ
    横浜開港資料館 TEL:045-201-2100
  • URL
  • 主催
    横浜開港資料館
関連記事