Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
沢村澄子ーhappenedー
その他
2016.04.01

沢村澄子ーhappenedー

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 

【休廊日:5/16(月)・5/23(月)】
 
盛岡を拠点に各地で活動中の書家・沢村澄子氏。繊細さとダイナミックさを合わせ持つ沢村氏の作品は静かに向かい合うと、まるで鏡のように鑑賞者の心の有り様を照らします。
書を読むことができずとも、空間いっぱいに書かれた作品は鑑賞者にいくばくかの感情を想起させます。
FEI ART MUSEUM YOKOHAMAでは書家・沢村澄子氏による、近年10年間で書き続けられた「いろは歌」シリーズの大作が並ぶ展覧会を開催致します。
 
2006年、「いろは歌」が落ちてきたのだと、沢村澄子は語る。それは地元ギャラリーの屋上への扉が開いた時、90×180cmに切り取られた青い空に、彼岸か此岸かわからない景色だと思ったその瞬間、「落ちてきた」のだと。
*「いろは歌」は『涅槃経』の中の無常偈(むじょうげ)「諸行無常、長生滅法、生滅滅已、寂滅為楽」(諸行は無常であり生滅の法である。この生と滅とを超えたところに、真の大楽がある)の意訳あるといわれる。
これを沢村は仮名だけではなく、片仮名、漢字(楷書、篆書で「以、呂、波、仁…」)を使って様々に書き続けた…。
 
「いろは歌」の大作が並ぶ今展では最大約10mの作品を展示予定。「いろは歌」シリーズの全容を会場であるFEI ART MUSEUM YOKOHAMAの大空間を使用して体感できる展覧会となります。
同時期に姉妹ギャラリーの f.e.i art galleryにて沢村氏の「祈り」「喜び」「明るさ」をテーマにした小品や「いろは歌」以外の幅のある書作品の展示を開催いたします。

  • 地域
    横浜市(ベイエリアを除く)
  • 開催期間:開始日
    2016.05.10
  • 開催期間:終了日
    2016.05.28
  • 時間
    10:00〜19:00(最終日16:00まで)
  • 住所
    神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2横浜鶴屋町ビル1階 
  • 休館日
    2016/05/16,2016/05/23
  • 出演
    沢村澄子
  • 券種/料金
    無料
  • お問い合わせ
    TEL:045-411-5031 / MAIL:artmuseum@fukasaku.jp
  • URL
  • 主催
    FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
関連記事