Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
サントリーホール オペラ・アカデミー公演  プッチーニ 歌劇「ラ・ボエーム」 <全4幕 原語上演>※字幕はありません
音楽
2015.12.28

サントリーホール オペラ・アカデミー公演  プッチーニ 歌劇「ラ・ボエーム」 <全4幕 原語上演>※字幕はありません

よこすか芸術劇場 

■国内随一のオペラ・アカデミー
選ばれた優秀な若手歌手のみが、世界的な指揮者やコレペティトゥア、歌手達の指導を受けることができる国内屈指のアカデミーです。メンバーの歌手達が互いの「耳」となって、聴き合い、語り合う研修会のスタイルと、短期間の稽古に集まるのではなく、通年で活動しているのが特徴です。

■オペラ本来の魅力を追求

同アカデミーの公演は、オペラ本来の醍醐味である音楽を存分にお楽しみいただく為に、字幕をあえて置きません。一方でフリーアナウンサー、コンサートソムリエとして幅広く活躍する朝岡聡が作品をよりわかりやすく物語や背景などをナビゲートしています。

■横須賀ではこれまで3作品を上演
2012年に始まった同アカデミーによる横須賀公演は、これまで3作品『こうもり』、『コジ・ファン・トゥッテ』、『愛の妙薬』を上演しました。横須賀ではサントリーホールのブルーローズ(小ホール)とは異なり、よこすか芸術劇場の舞台特性に合わせて、大劇場でありながら臨場感溢れる斬新な舞台形式と演出が施されています。

■横須賀でのみ実現するサッバティーニが指揮するプッチーニの傑作オペラ
第4弾となる今回は、『蝶々夫人』『トスカ』と並ぶプッチーニの三大オペラの一つ『ラ・ボエーム』を上演します。全編にわたって美しい歌や音楽が散りばめられ、たとえ言葉が判らなくても、物語の世界に自然に入りこめる、“ムード・メーカー”プッチーニの真骨頂ともいえる作品です。今回のプロダクションでは、かつてテノール歌手として名声を博し、現在は指揮者で同アカデミーのエグゼクティブ・ファカルティであるジュゼッペ・サッバティーニが、キャストを厳選し、自らタクトをとります。オーケストラと共に彼が指揮をする公演は、横須賀でのみ実現します。もちろん、同アカデミー公演の特徴のひとつでもある朝岡聡によるナビゲートで美しくもはかない若者たちの青春物語を解説し、オペラをより身近に感じていただきます。
 また、劇場専属の児童合唱団も出演し、オリジナリティ溢れる公演が実現します。

  • 地域
    横須賀三浦地域
  • 開催日
    2016.01.17
  • 時間
    15:00開演
  • 住所
    神奈川県横須賀市本町3-27
  • 出演
    [指揮] ジュゼッペ・サッバティーニ (サントリーホールオペラ・アカデミー エグゼクティブ・ファカルティ) [演出] 田口道子 [出演]  ミミ 吉田珠代(ソプラノ) ロドルフォ 樋口達哉(テノール) ムゼッタ 湯浅ももこ(ソプラノ) マルチェッロ 増原英也(バリトン) ショナール 村松恒矢(バリトン) コッリーネ 片山将司(バス) ベノア/アルチンドロ 吉川健一(バリトン) パルピニョール 髙畠伸吾(テノール) ※出演者は変更になる場合があります。 [ナビゲーター] 朝岡 聡 [演奏] 横浜シンフォニエッタ [声楽]   サントリーホール オペラ・アカデミー 横須賀芸術劇場少年少女合唱団
  • 券種/料金
    S:5,000 A:4,000 
  • チケット情報
    横須賀芸術劇場電話予約センター 046-823-9999 インターネットチケット http://www.yokosuka-arts.or.jp
  • お問い合わせ
    横須賀芸術劇場 046-828-1602
  • URL
関連記事