Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
[企画展]映画が恋した世界の文学
美術・写真
2015.12.21

[企画展]映画が恋した世界の文学

鎌倉市川喜多映画記念館 

【休館日:毎週月曜日、12月29日~1月3日(年末年始)、1月12日(火)*1月4日、11日は開館します。】

「映画」と「文学」あるいは「原作」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?フランスの知性溢れる貴公子、ジェラール・フィリップが女性たちを虜にする主人公を演じた『赤と黒』、あるいは可憐なオリヴィア・ハッセーが忘れがたい『ロミオとジュリエット』、それとも…?
作品の出来を比べてしまいがちな原作文学とその映画化ですが、例えば、ヴィヴィアン・リーなど名だたる女優たちがヒロインを演じてきた『アンナ・カレーニナ』は、トルストイの原作は読んでいなくても映画でその悲恋物語を知る人も多いでしょう。また逆にアガサ・クリスティーやスティーブン・キングといった人気作家の場合、原作を読んでから映画化作品に興味を持った経験もあるのではないでしょうか。
古典的文学の名作から同時代のベストセラー小説まで、いつの時代も映画は文学から物語を借り受け、文学は映画化されることでさらに読者を広げてきました。本展では、そんな両者が辿ってきた豊かで親密な関係を、ポスター資料の展示を通して見つめ直します。昔読んだあの原作を久しぶりに手に取ってみよう、あるいは読みそびれていたあの小説に挑戦してみよう、そんな気持ちを思い出していただければ幸いです。

【関連上映】
1月2月3月


【関連イベント】

2月20日(土):トークイベント「映画は文学を変える」
3月5日(土):早春の調べ「ハリー・ライムのテーマ」とともに~チターで奏でる名作・名曲&『第三の男』の知られざる誕生秘話~

  • 地域
    湘南地域
  • 開催期間:開始日
    2015.12.18
  • 開催期間:終了日
    2016.03.13
  • 時間
    9時~17時(入館は16時半まで)
  • 住所
    神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目2番地12号
  • 券種/料金
    企画展観覧料金 一般:200円 小・中学生:100円
  • チケット情報
    鎌倉市川喜多映画記念館 0467-23-2500
  • お問い合わせ
    鎌倉市川喜多映画記念館 0467-23-2500
  • URL
関連記事