Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
第106回 川崎市定期能
伝統芸能
2015.10.16

第106回 川崎市定期能

川崎能楽堂 

第106回川崎市定期能「能と狂言」公演のご案内
 第1部は、罪深い行いであると自覚しつつも殺生のわざに執着し、そこから抜け出すことのできない漁師を主人公とする「阿漕」を、観世流の女性能楽師として国内外で活躍する鵜澤久師が演じます。
第2部は、雪夜の人情話で、鎌倉武士の忠義心を描いた名作「鉢木」を、古希を越えて円熟の境にありながら異分野と協働し新たな舞台の展開を見せる野村四郎師が演じます。
 狂言は、主人に手を縛り上げられても、なんとかして酒を飲もうとする二人の家来の姿が笑いを誘う「棒縛」、果たし合いをすることになった二人の山賊のやり取りが楽しい「文山立」の二番をお届けします。
 なお、開催に先立ち、チケット購入者を対象に無料で「定期能をより楽しむための事前講座」を開講いたします。講師には出演者の鵜澤久師と、武蔵野大学文学部教授・能楽資料センター長である三浦裕子氏をお迎えし、第106回川崎市定期能の演目の魅力や見どころについて実演を交えて分かりやすく解説します。

[事前講座]
12月5日(土)14時から

  • 地域
    川崎市
  • 開催日
    2015.12.23
  • 時間
    第一部 13:00開演 (12:30開場) 第二部 15:30開演 (15:00開場)
  • 住所
    神奈川県川崎市川崎区日進町1-37
  • 出演
    ■第1部  ・狂言「棒縛(ぼうしばり)」 山本泰太郎(大蔵流) ・能 「阿漕(あこぎ)」   鵜澤久(観世流銕仙会) ■第2部 ・狂言「文山立(ふみやまだち)」山本則俊(大蔵流) ・能「鉢(木(はちのき)」 野村四郎(観世流銕仙会)
  • 券種/料金
    4,000円(全席指定)
  • チケット情報
    川崎能楽堂 窓口・電話9:00~17:00 TEL:044-222-7995
  • お問い合わせ
    川崎能楽堂(チケット取扱) 電話:044-222-7995 (公財)川崎市文化財団 電話:044-222-8821
  • URL
関連記事