Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
シンポジウム「まちにひらかれた創造の拠点〜横浜創造都市と台北URSの歩み〜 」
その他
2015.09.01

シンポジウム「まちにひらかれた創造の拠点〜横浜創造都市と台北URSの歩み〜 」

BankART Studio NYK 

現在開催中の展覧会「アートと都市を巡る横浜と台北」の関連企画として、都市再生に関するシンポジウムを開催します。
台北市と横浜市では2000年代に入り、共に創造性に着目した都市再生プログラムに着手しました。その一連の取り組みの中では、都市に残る歴史的資産の活用や、文化芸術に着目したさまざまな実験的な試みが行われてきました。
特に台北市は都市の歴史的建造物や未利用の空間を再生したさまざまなタイプのURS(Urban Regeneration Station)を戦略的に配置することによって、都市の再生を目指すというユニークな試みで、世界的にも注目を浴びています。そこで、台北市の一連の都市政策のキーパーソン、URSの運営者を招聘し、横浜における取り組みとの比較を通して、これからの都市再生のあり方について議論を行います。
シンポジウム終了後、台湾と横浜のクリエイターが集い、交流を行ないます。こちらも奮ってご参加ください。

第一部◎特別講演
「台湾での象設計集団」坂元 卯(象設計集団 代表取締役)

第二部◎シンポジウム「まちにひらかれた創造の拠点〜横浜創造都市と台北URSの歩み〜」
林 崇傑(台北市産業発展局局長)
丘 如華(台湾歴史資源経理学会事務局長)
林 宜珍(忠泰建築文化芸術ファンデーション事務局長)
秋元康幸(横浜市建築局企画部長)
池田 修(BankART1929代表)
青井哲人(明治大学准教授)
コーディネーター:鈴木伸治(横浜市立大学教授)

第三部◎横浜・台北クリエイターミーティング
黄 サンサン(キュレーター)、戴 開成(台日文化研究家)、孫 啓榕(建築家)、 横浜創造界隈の建築家、他

▷ 「アートと都市を巡る横浜と台北」展の情報はこちら

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 開催日
    2015.09.06
  • 時間
    16:00-
  • 住所
    神奈川県横浜市中区海岸通3-9
  • 券種/料金
    参加費:展覧会入場料で参加できます ※ 展覧会入場料:¥1,000(カタログ付き)
  • お問い合わせ
    BankART1929 TEL:045-663-2812 MAIL:info@bankart1929.com
  • URL
関連記事