Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
ぼんとリンちゃん
映像
2015.01.21

ぼんとリンちゃん

シネマ・ジャック&ベティ 

キミに会いたいよ キミを助けたいよ
このキモチは本当なんだ。

ここではないどこかの地方都市に住んでいる四谷夏子(通称“ぼん”)は、16歳と62ヶ月を自称する女子大生。彼女と友田麟太郎(通称“リン”)は、BL(ボーイズラブ)やアニメ、ゲームが大好きなオタクの幼なじみ。ふたりは、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃん(通称“肉便器”)を連れ戻しに東京へやってきた。名付けて「肉便器救出作戦」。
ぼんとリンはネットゲームで知り合った会田直人(通称“べぴ”)に協力をあおぎ、肉便器の家へと突撃する。その姿は、ロールプレイングゲームの勇者や魔法使いのパーティを彷彿とさせるものだった。リン曰く「ボス戦」に挑む一同。果たして、予測不能のミッションは成功するのか!?

『ももいろそらを』で東京国際映画祭、サンダンス映画祭をはじめ世界14カ国20に及ぶ映画祭で絶賛された小林啓一監督の長編第2作目。
“オタクの愛と正義”をテーマに、ボーイズラブの同人誌が主人公と、彼女を慕うオタクの男の子が、親友を救うために奮闘する青春物語。自称“16歳と62ヶ月”の女の子 “ぼんちゃん”役は、本作が映画初主演作となる佐倉絵麻。ぼんちゃんを「ねえさん」と慕うオタクの男の子“リンちゃん”役には、「仮面ライダー鎧武」『渇き。』の高杉真宙。主題歌を、ボーカロイドで圧倒的人気を誇る40mPが書き下ろし、劇中のオリジナル同人誌を星野リリィが担当する。

【 舞台挨拶 】
1/24(土)14:25回上映後、
小林啓一監督による舞台挨拶あり

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 開催期間:開始日
    2015.01.24
  • 開催期間:終了日
    2015.01.30
  • 時間
    14:25〜16:00
  • 住所
    神奈川県横浜市中区若葉町3−51
  • 券種/料金
    一般¥1,800 大専¥1,500 高校以下・シニア¥1,000 ※会員割引あり
  • お問い合わせ
    シネマ・ジャック&ベティ TEL 045-243-9800(9:30〜21:00) MAIL info@jackandbetty.net(24時間受付)
  • URL
関連記事