Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
ショートホープ
映像
2015.01.09

ショートホープ

シネマ・ジャック&ベティ 

立ち塞がる過酷な現実に翻弄され、〝愛〟と〝希望〟を探し求める少年の孤独。

小学校4年生の和也は、母の死をきっかけに顔も知らない父親に会いたいと願う。決意は強く、母が働いていたストリップ劇場に行くために蒲田から横浜まで徒歩で向かう。
道中で出会う、子供たち、大人たち、見たことの無い風景、初めての経験である強烈な飢えと渇き。立ち塞がる過酷な現実に翻弄され、〝愛〟と〝希望〟を探し求める少年の孤独。

『ショートホープ』は2014年第15回全州国際映画祭インターナショナルコンベンション部門に正式出品され外国メディアに賞賛された。
森田芳光監督や阪本順治監督らに助監督として師事し、現場で知識を学び、数々の経験を積んだ堀口正樹の第一回監督作品である。自ら脚本も執筆し、満を持して監督デビュー作へ挑戦した。
少年が現実社会に飛び込み、大人と同じ立場で接することを強いられる初めての経験。〝愛される〟ことばかり願う利己主義が氾濫する現代社会において〝愛する〟尊さを今一度省みる。日本インディペンデント映画に新しい少年映画の傑作が誕生した。

脚本・監督の堀口正樹は、『失楽園』『39刑法第三十九条』『黒い家』などの森田芳光監督作品、『トカレフ』『愚か者 傷だらけの天使』などの阪本順治監督作品、その他作品に助監督として就き、研鑽を積んだ。そして、2012年に脚本を執筆、自ら応援してくれる人々から資金を集め、2013年に映画『ショートホープ』を完成させた。

【 舞台挨拶 】
・1/10(土)14:15回上映後、
 堀口正樹監督による初日舞台挨拶あり
・1/11(日)14:15回上映後、
 中村麻美さん、堀口正樹監督による舞台挨拶あり

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 開催期間:開始日
    2015.01.10
  • 開催期間:終了日
    2015.01.23
  • 時間
    1/10〜1/16:14:15〜15:40 1/17〜1/23:20:40〜22:05
  • 住所
    神奈川県横浜市中区若葉町3−51
  • 券種/料金
    一般¥1,800 大専¥1,500 高校以下・シニア¥1,000 ※1/17〜1/23はレイトショー割引あり ※会員割引あり
  • お問い合わせ
    シネマ・ジャック&ベティ TEL 045-243-9800(9:30〜21:00) MAIL info@jackandbetty.net(24時間受付)
  • URL
関連記事