Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
東アジア文化都市2014横浜 スマートイルミネーション鶴見
美術・写真
2014.10.17

東アジア文化都市2014横浜 スマートイルミネーション鶴見

大本山總持寺 

千の光を灯す夜
鶴見区は、多くの史跡や自然が残る一方で、国際色豊かな地域や最先端の研究拠点であるサイエンスフロンティア地区が存在する等多様な顔があります。また、伝統的な催事や地域行事が活発に行われ、まちは魅力と活気にあふれています。平成24年度からは、「千客万来つるみ」を合言葉に、このような区の魅力発信と誘客に向けた取組が進められていますが、なかでも大本山總持寺はその有力な資産となっています。
「スマートイルミネーション鶴見」は、およそ100年にわたり、鶴見の地で禅文化を発信し続けるこの大本山總持寺を舞台として、「千の光を灯す夜」をテーマに開催されます。本プログラムは、区の中心である鶴見駅から大本山總持寺へと「光を運ぶ」プロジェクトを中心に構成し、日中韓のアーティストと区民が大本山總持寺の持つ雰囲気を尊重しながら、新たな鶴見の夜を千の光で静やかに彩ります。

【アートプログラム】
メイン会場となる大本山總持寺で、東アジア・日本人アーティストによる作品を展開
■《極光/ACROSS》 栄暁佳(三門)
中国の伝統⾏事に不可⽋な「爆⽵」をイメージし、二⼈の参加者が両端から光を触発し、光がぶつかり合うと、爆⽵のような⾳を奏でる。三門の左右の⾦剛⼒⼠像との光のコラボレーション作品。

■《光の音色:a tone of light》 川瀬浩介 (ロータリー前)
作曲家でもある川拆浩介がつくった⾳楽に合わせて光が変化する大小様々なプランターを点在させるインスタレーション。

■《喰わず芋》 菅野猛(仏殿前)
アルミの鋳物でできた彫刻作品。モデルは植物なのですが沢山の『⼈』の様にも⾒える不思議な彫刻です。仏殿の前で来場者を迎えます。

■《No pain,No gain.》 パク・ジヒョン(三松閣)

線香の火を使い、あぶり浮かび上がらせる⼿法で描いた絵を三松閣1 階に展⽰し、隣部屋のスクリーンでは、制作過程を映像で投影します。

■《銀⻯草》 菅野猛(百間廊下)
ワイヤーに引っ掛けると電気が流れて光が灯ります。「天と地を繋ぐ」そんな思いを込めた彫刻作品。小さな灯の集積が百件廊下を浮かび上がらせます。

■《ひかりの実》 髙橋匡太(向唐門前広場/鶴⾒駅⻄⼝の駅前広場)

髙橋匡太により描かれた○のドローイングに参加者が笑顔を描きたしていきます。⼈々の想いが込められた《ひかりの実》で、仏殿までの参道を彩リます。駅前広場にもワークショップ会場を設置し、参加者⾃身で取り付けていきす。

【同時開催イベント】
『鶴見・旧東海道食べ歩きウォーク』

旧東海道沿道の「食べどころ」と「見どころ」に焦点をあてたウォーキングイベントを10月25日(土)限定で開催します。
「鶴見・旧東海道食べ歩きウォーク」及び「スマートイルミネーション鶴見」に参加して、スタンプを集めた方全員に、「ワッくんぬいぐるみストラップ」をプレゼント!

  • 地域
    横浜市(ベイエリアを除く)
  • 開催期間:開始日
    2014.10.24
  • 開催期間:終了日
    2014.10.25
  • 時間
    17:00〜20:30  ※鶴見西口駅前で、ひかりの実ワークショップを16:00より開始しています。
  • 住所
    神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
  • 出演
    参加アーティスト:栄暁佳、川瀬浩介、菅野猛、髙橋匡太、パク・ジヒョン
  • 券種/料金
    無料
  • お問い合わせ
    鶴見区区政推進課 TEL:045-510-1677/FAX:045-504-7102
  • URL
関連記事