Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
ライヤー・ベン《SUGAR CANE LADY PROJECT》公開壁画制作中!
その他
2014.09.12

ライヤー・ベン《SUGAR CANE LADY PROJECT》公開壁画制作中!

ハツネウィング壁面 【制作場所】 

ベトナムの若手グラフィティライター
ライヤー・ベンが、9月11日(木)より
約1ヶ月の公開壁画制作をスタート!

5m×6mにわたる黄金町の建物の壁面に、毎日異なる壁画が出現!
コマ撮りにしてアニメーションにまとめる超大作!! 
 
スケッチのアニメーションは以下URLよりご覧いただけます! 
https://vimeo.com/105841791

============= 

sugarcanelady

シュガー・ケイン・レイディーは、1965年に始まるベトナム戦争以前の南ベトナムにおいて、さとうきびジュースの広告媒体として屋台の壁面に描かれてきました。しかし、1990年ベトナムが自国を世界へと開き、体制を変えて以降、国の情勢とともにその姿を変え、今では消滅しつつあります。 
 
ライヤー・ベンは、このシュガー・ケイン・レイディーを、南ベトナム時代における資本主義社会のアイコンと捉え、国、人々、歴史の"記憶"の象徴として用いてきました。南ベトナム特有のものでありながら、資本主義社会の広告文化のステレオタイプといえる、シュガー・ケイン・レイディー。彼が描く"彼女"の像は、ベトナムのみならず、世界中のどこかでいままさに無くなりつつある" 記憶 "と重なります。 
 
このシュガー・ケイン・レイディーをモチーフとして、今回はストップアニメーションの手法を用いた壁画の制作に取り組みます。壁画制作の過程をコマ撮りで撮影し、最終的には完成した壁画と同時に、その過程をアニメーションとして記録・発表します。 
グラフィティアーティストのバックグラウンドを持つ彼の作品は、都市の中で姿を変えながら、新たな"彼女"の物語を紡ぎだします。 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 開催期間:開始日
    2014.09.11
  • 開催期間:終了日
    2014.10.09
  • 時間
    【制作時間】9時~17時(予定) 
  • 住所
    神奈川県横浜市中区初音町1-21-7
  • 出演
    ライヤー・ベン  Liar Ben(ベトナム・ホーチミン)  [ゼロステーション推薦]  2013年よりグラフィティ・ライターとして活動中。高校卒業後、2008年ホーチミン芸術大学に入学し、絹絵を専攻。大学在籍中の2011年から、ゼロステーションで活動を始め、アートプロジェクトの計画や企画を学ぶ。その後、ストリートアートを再開し、キャラクター作りを行っている。スプレーペイントを使った壁画や、映像、コンピューターデザイン作品を制作している。 
  • お問い合わせ
    NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター 045-261-5467
  • URL
関連記事