Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
糸電話プロジェクト『わたしたちになれなかった、わたしへ』試演会
演劇・ダンス
2014.07.30

糸電話プロジェクト『わたしたちになれなかった、わたしへ』試演会

演劇センターF (受付会場) 

koganechobazaar2014_logo

この2014年9月を日本で生きている“わたしたち”は、“わたしたち”の内側に棲んでいます。それも複数の“わたしたち”をひとりひとりが持っています。学校や会社、家庭や近隣。見知らぬ人どうしが乗り合わせるエレベーターでも、瞬間的な“わたしたち”が気付かぬ内に形成されます。それは「常識」や「モラル」などで規定された集団で、それらは“わたし”が何人か集まってつくられる。なんだか小難しいけれど、日常的な話です。

では、その“わたし”はどのようにして出来上がるのでしょう? たとえば、会社でのあなたと、家庭でのあなたは異なる。さらには奥さんと接するとき、子どもと接するときでも違う。つまり、“わたしたち”に合わせた“わたし”がそれぞれに存在します。そして、どの“わたしたち”にもなれなかった“わたし”は、残念ながら消えていくしかない。

本作品ではこの時代、この国の“わたしたち”として適応できなかった“わたし”を、糸電話と、あなたを含めた何人かの観客とで見い出し、眺めてみます。そうして消さざるを得なかった“わたし”の検証にこそ、いまの日本を読み解くヒントが隠されているのではないか。という、糸電話を通す“わたし”から深淵を臨もうという実験です。


【関連企画】
民俗芸能調査クラブ2014 中間発表 9月27日(土)~28日(日)

民俗芸能と“わたしたち”
この作品は昨年度に、STスポット横浜の企画として実施された民俗芸能調査クラブから生まれました。インドネシア・バリ島での調査でみた多種多様な儀式、それらを通して組み上がっていった“わたしたち”、また“わたし”性とはなんだったのか。そんなところがスタートです。その民俗芸能調査クラブも期せずして、9月27日(土曜)/28日(日曜)に中間発表を迎えます。途方もない時を生きてきた祖先の連なりによって現在にみえる民俗芸能の魅力、またその可能性を、メンバーたちの発表を通して感じていただければ幸いです
。
武田力

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 開催期間:開始日
    2014.09.26
  • 開催期間:終了日
    2014.09.27
  • 時間
    9月26日(金)
 受付時間19:00〜19:30 終演21:30
 9月27日(土)
 受付時間17:30〜18:00 終演20:00 ※ 受付がお済みの方から、順次「秘密の会場」への地図をお渡しします。
 それを基に移動していただき、試演会に参加していただきます。
  • 住所
    神奈川県横浜市中区初音町2-43-6 Kogane-X Lab.
  • 出演
    武田力
 とある幼稚園りんご組での勤務を経て、演劇カンパニーのチェルフィッチュに関わる。他に飴屋法水演出『4.48サイコシス』や、古民家や三宅島で実施した長島確らとの共作『アトレウス家プロジェクト』に参加。本作は今秋に KYOTOEXPERIMENT とトーキョーワンダーサイトにて発表される。また現在、アジアのさまざまな地域を「教育」から相対化し、日本を解体していく演劇プロジェクトを進行中。
  • 券種/料金
    参加費:500円
  • チケット情報
    定員:15名 ご予約方法:件名を【糸電話◯月◯日、予約】とし、
1.お名前 2.人数 3.ご連絡先(メールアドレス/電話番号)をご記入の上、
info@tcf-project.net まで、ご連絡ください。
返信をもって、ご予約完了とさせていただきます。
  • お問い合わせ
    演劇センターF [TEL] 090-2411-8217 (制作・横井) [MAIL] info@tcf-project.net [WEB] www.tcf-project.net
  • URL
関連記事