Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
ミュージカル・葉っぱのフレディ -いのちの旅-
演劇・ダンス
2014.05.29

ミュージカル・葉っぱのフレディ -いのちの旅-

KAAT神奈川芸術劇場 ホール 

アメリカの教育学者の原著「葉っぱのフレディ」の翻訳を私が読んだとき、これはミュージカルにすればもっと多くの子供やその親御さんに感動を招くと思い、ミュージカルの脚色の原本を書き、これをミュージカルの専門家や、そのプロデューサーとして当時フジテレビのキャスターだった黒岩祐治氏に、この公演を出来るだけ早く行ってほしいと依頼し、2000年には第1回の公演が行われました。「ひとはどこから来て、今どうあり、これからどうなるか」-この命題について、私たちは多くの人々と共に、もっと深く、ともに考えなくてはならないと思っている。『葉っぱのフレディ』の物語の中には、人間が生きることの全てが含まれているように思います。(公演へのメッセージより)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【原作「葉っぱのフレディ」について】
作者 レオ・バスカーリオ Leo F Buscaglia 1924~1998
1924年3月31日、イタリア系移民の末子として生まれる。 南カリフォルニア大学で教育学を学び、卒業後はパサディナ市の公立学校教員となると同時に大学院にも在籍し、教育学の博士号を取得の後、母校に戻り、同大学で教鞭を採った。 教え子の自殺という事件に遭遇し、以後、いのちの教育、いのちのかけがえのなさ、人を愛することなどに関心を抱くようになる。社会的な人と人との絆、その中核となる愛こそが世界の共通語であるという信念を持つにいたる。

【葉っぱのフレディ・あらすじ】

春に生まれたフレディは、数えきれないほどの葉っぱにとりまかれていました。はじめは、葉っぱはどれも自分と同じ形をしていると思っていましたが、やがてひとつとして同じ葉っぱはないことに気がつきます。 フレディは親友で物知りのダニエルから、いろいろなことを教わります。自分達が木の葉っぱだということ、めぐりめぐる季節のこと... フレディは夏の間、気持ちよく、楽しく過ごしました。遅くまで遊んだり、人間のために涼しい木陰をつくってあげたり。 秋が来ると、緑色の葉っぱたちは一気に紅葉しました。みなそれぞれ違う色に色づいていきます。 そして冬。とうとう葉っぱが死ぬときがきます。死ぬとはどういうことなのか...ダニエルはフレディに、いのちについて説きます。「いつかは死ぬさ。でも”いのち”は永遠に生きているのだよ。」フレディは自分が生きてきた意味について考えます。「ねえダニエル。ぼくは生まれてきてよかったのだろうか。」 そして最後の葉っぱとなったフレディは、地面に降り、ねむりにつきます。

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 開催日
    2014.09.06
  • 時間
    13:00 16:30 ※開場は開演の30分前
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町281
  • 出演
    企画・原案:日野原重明・童話屋(原作・訳者) 総合プロデュース:黒岩祐治 脚本・演出:犬石隆
  • 券種/料金
    S席 大人 5,200円 子供 4,700円 A席 大人3,700円 子供3,100円 ・子供料金は3歳から小学6年生まで。 3歳未満のお子様は、大人1名につき1名までひざ上無料。ただし、席が必要な場合は有料。 ※発売日:6月7日(土)
  • チケット情報
    ■チケットかながわ Tel.0570-015-415(受付時間 10:00〜18:00) http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/
  • URL
関連記事