Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
悪魔のしるし×KAAT 『わが父、ジャコメッティ』             試演会+公開ミーティング
演劇・ダンス
2014.05.27

悪魔のしるし×KAAT 『わが父、ジャコメッティ』             試演会+公開ミーティング

KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ 

これは世に数多と存在する二項対立を巡るドラマである。
It will be a drama surrounding dichotomies that many exist in the world.

悪魔のしるし新作演劇『わが父、ジャコメッティ』。
KAAT神奈川芸術劇場での2014年10月中旬の初演に向けて、鋭意創作を続けている本作の試演会&公開ミーティングを開催。

矢内原伊作の残したテキストを手がかりに、演劇的演劇について構築を試みる本作。悪魔のしるし主宰・危口統之(作・演出)と共に舞台に立つ、実父・木口敬三(画家)は、今回、初舞台となります。海外での上演も視野にいれながら、昨年末より続くクリエイションの過程を発表し、ゲストをお迎えして公開ミーティングを開催いたします。(詳細はWEBで発表します)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
わが父、ジャコメッティ
20世紀美術史に大きな足跡を残した芸術家、アルベルト・ジャコメッティ。
極限まで切り詰められた痩身の塑像でよく知られているが、同時に彼は多くの肖像画も残している。
そのモデルとなった彼の身近に居た人たちの中に一人の日本人がいた。
彼こそ矢内原伊作、ジャコメッティとの濃密な対話すべてを記録に残した男である。本作品では、伊作の残した対話記録を基盤としつつも、更にその上に別の層、とある父と子――すなわち演出家である危口(木口)統之とその父、齢70を越えた洋画家である木口敬三――の物語が重ね合わされることになるだろう。

【特設サイト】
http://www.akumanoshirushi.com/GIACOMETTI.htm

※定員に達したため当日券のご用意はございません。10月の本公演へのご来場を心よりお待ちしております。

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 開催日
    2014.06.26
  • 時間
    開演:19:30 (開場:19:15)
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町281
  • 出演
    【作・演出】 危口統之 【出演】 木口敬三、木口統之、他 【原案】 「ジャコメッティ」「完本 ジャコメッティ手帖」 矢内原伊作 / みすず書房
  • 券種/料金
    500円(全席自由・先着順入場)
  • チケット情報
    ■シバイエンジン http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=109dcecff7 (当日精算) ■チケットかながわ 0570-015-415(受付時間10:00〜18:00) http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/ 発売日:6月4日(水)
  • お問い合わせ
    ・KAAT神奈川芸術劇場 045-633-6500(公演に関する問合せ) ・チケットかながわ 0570-015-415(チケットに関する問合せ・10時〜18時) ・悪魔のしるし info@akumanoshirushi.com
  • URL
関連記事