Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
HAFS【HAFの未来観測】
その他
2014.03.25

HAFS【HAFの未来観測】

葉山町立図書館ホール(2階) 

HAFSは葉山芸術祭(HAF)が第20回を迎えることを機に立ち上げられた、調査研究チームです。

地域発・住民主導で開催されるHAFは毎年変遷を重ねながら、活動を続けてきました。
それに対してHAFSはこれまで活動内容を、膨大な資料のとりまとめや関係者へのヒアリング、アンケート等の調査を行うことで、その全容を知る手がかりを見いだしてきました。

今回の調査では「HAFの未来観測」をテーマに、パンフレット、雑誌や新聞記事、写真や動画、そして関係者等へのヒアリングやアンケートにより情報を収集・整理し、データ分析した結果をご報告します。また分析結果から、今後のHAFの姿を 予測してみたいと思います。

◆ 展示 ◆ 12:00~16:00
第1~21回パンフレット、ポスター、写真、掲載記事、系譜等

◆ 発表 ◆ 13:00~16:00
第1部: 葉山芸術祭をデータでみる~調査研究内容の報告,まとめ~
各参加企画、森山神社境内イベントでのアンケート調査、HAFの意識調査など
第2部: ディスカッション
テーマ「これからの葉山芸術祭」~方向性や傾向~
ゲスト 伊藤裕夫氏
東京大学文学部卒業後、(株)電通入社。その後(株)電通総研出向を経て、2000年より静岡文化芸術大学教授、2006年富山大学芸術文化学部教授。
2011年富山大学を退職後、フリーの研究者として、静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科等の兼任講師の他、2012から2年間逗子市で文化振興の仕事にも従事。
現在は日本文化政策学会会長、(公財)舞台芸術財団演劇人会議評議員。
専門は、文化政策、アートマネジメント。芸術と社会の出会いを、芸術組織の運営や文化政策という観点から調査研究する同時に、その実現に向けた活動にも関わっている。

調査・研究:清水明絵 主任研究員、兼子朋也 研究員(関東学院大学 人間環境学部 人間環境デザイン学科 准教授)
協力:関東学院大学 人間環境学部 人間環境デザイン学科 兼子朋也研究室
企画・調整:松澤利親(葉山芸術祭実行委員)

  • 地域
    横須賀三浦地域
  • 開催日
    2014.05.18
  • 時間
    14:00~16:00
  • 住所
    葉山町堀内1874
  • 出演
    第2部 ゲスト:伊藤裕夫氏 他
  • 券種/料金
    無料 ■定員 50名程度
  • お問い合わせ
    TEL 046-876-8167(清水) MAIL ayakura@hotmail.com
  • URL
関連記事