Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
葉山館開館10周年 「戦争/美術 1940-1950 モダニズムの連鎖と変容」
美術・写真
2013.05.31

葉山館開館10周年 「戦争/美術 1940-1950 モダニズムの連鎖と変容」

神奈川県立近代美術館 葉山 

1940年代の日本は、戦争という美術家たちにとって非常に困難な時代でありながらも、モダニズムの成熟と転換という豊かな可能性を秘めた時代でもありました。本展は、戦前から戦後の時代を1940年代という時間の経過で捉え、これまで分断されてきた戦前、戦後の日本の美術史を新たな文脈でとらえ直そうという展覧会です。当館のコレクションの根幹を形成する松本竣介、朝井閑右衛門、麻生三郎、鳥海青児、山口蓬春などの戦前戦後をつなぐ作品や資料に新たな照明を当てるとともに、丸木位里、俊夫妻の《原爆の図》に結実するまでの画業など、同時代の広がりも、絵画を中心に紹介します。
総動員体制のもと自由が圧殺され戦争に突入し、敗戦をきっかけにしがらみから解放されるという極端な振れ幅の時代のなかで、優れた才能はどのような創造の営みを続けていたのか、あるいは、中断や挫折を余儀なくされたのか。しなやかに、したたかに、ときに強情に生き抜いた画家たち。彼らの残した作品は1951年に開館した神奈川県立近代美術館の歴史的、文化的背景にほかなりません。葉山館開館10周年を記念して開催する本展は、私たちの美術館活動の出発点の確認作業という性格も備えています。

前期:7月6日(土)-8月25日(日)
後期:8月27日(火)-10月14日(月・祝)

※本展覧会に関連して「戦争/美術」をテーマに、美術評論、近現代史、写真史、近代文学史など各分野の専門家の方々を講師にお招きし、全5回の連続講演会を開催します。7月27日(土)8月10日(土) 8月24日(土)8月31日(土)9月 7日(土)

  • 地域
    横須賀三浦地域
  • 開催期間:開始日
    2013.07.06
  • 開催期間:終了日
    2013.10.14
  • 時間
    午前9時30分―午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 住所
    神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
  • 券種/料金
    観 覧 料:一般1,000円(900円)、20歳未満・学生850円(750円) 65歳以上500円、高校生100円 *( )内は20名以上の団体料金です。 *中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料です。 その他の割引につきましてはお問合せください。 *ファミリー・コミュニケーションの日: 毎月第1日曜日(今回は7月7日、8月4日、9月1日、10日6日)は、 18歳未満のお子様連れのご家族は優待料金 (65歳以上の方を除く)で ご観覧いただけます。 *葉山館開館10周年記念無料開館日:10月11日(金)は、神奈川県立近代美術館で 開催中の3つの展覧会を無料でご観覧いただけます。
  • お問い合わせ
    神奈川県立近代美術館 葉山 〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1 tel. 046-875-2800
  • URL
関連記事