コンテンツにスキップ
「イリャン・チャンの肖像」
音楽

「イリャン・チャンの肖像」

日・韓・独共同プロジェクト「イリャン・チャンの肖像」
韓国伝統音楽と現代音楽の邂逅、打楽器コンチェルトGLUT/BENU日本初演、イリャン・チャンの世界。

開催概要

日程
  • 19:00開演(18:30開場)

料金

S席 6,000円/A席 5,000円/B席 3,000円
※未就学児はご入場いただけません。
※ミュージシャン割はteketのみ適用。
 ご希望の方はinfo@npo-artsworks.orgまでお問い合わせください。

場所

神奈川県立音楽堂

神奈川県立音楽堂
神奈川県立音楽堂は、1954年、公立施設としては日本で初めての本格的な音楽専用ホールとして開館しました。ロンドンのロイヤルフェスティバルホールをモデルに、最高の音響効果をあげるように設計されたホールは、開館当時『東洋一の響き』と絶賛され、その響きは今も国内はもちろん海外からも高い評価を受けています。ホールの壁面はすべて「木」で作られており、そのアコースティックな響きは開館から60年を経た今でも人々に感動をあたえつづけています。また、地域に根ざした優れた公共施設として1998年に建設省より「公共建築百選」に選ばれ、加えて1999年には20世紀の重要な文化遺産である建築としてDOCOMOMO(ドコモモ)(近代運動にかかわる建物・環境形成の記録調査および保存のために設立された国際的組織)より「日本におけるモダン・ムーブメントの建築20選」に選ばれました。

出演概要

出演

加藤訓子(マリンバ)
ユー・ホン(デグン)
キム・ウーンシク(チャング)

<アンサンブル・ノマド>
木ノ脇道元(フルート/バス・フルート)、川内優子(オーボエ)
林憲秀(イングリッシュ・ホルン)、菊地秀夫(クラリネット)
草野裕輝(バス・クラリネット)、塚原里江(ファゴット)
森純一(コントラ・ファゴット)、萩原顕彰(ホルン)
佐藤秀徳(トランペット)、今込治(トロンボーン)
橋本晋哉、渡部陽菜(テューバ)、花田和加子、迫田圭(ヴァイオリン)
甲斐史子(ヴィオラ)、竹本聖子、朝吹元(チェロ)
佐藤洋嗣、水野翔子、布施砂丘彦(コントラバス)、川本嵐(ピアノ)
梶彩乃(ハープ)
<inc.percussionists>
細野幸一(BENU ソロ・ヴィブラフォン)、富田真以子(GLUT ソロ・シロフォン)
三神絵里子(GLUT ソロ・ヴィブラフォン)
東廉悟、齋藤綾乃、戸崎可梨、濱仲陽香、西崎彩衣(打楽器)

イリャン・チャン(指揮)

演目

イリャン・チャン:打楽器コンチェルト「BENU」「 GLUT」(日本初演)
イリャン・チャン:マリンバ、チャング、デグンのための「MOTION」(日本初演)
イリャン・チャン:マリンバソロ「バイナリー・グルーブ」(新作委嘱世界初演) 他

主催

特定非営利活動法人 芸術文化ワークス

協賛

共催:神奈川県立音楽堂(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)
後援:一般社団法人日本作曲家協議会
協力:アンサンブル・ノマド (一般社団法人 アンサンブル・ノマド)

イベント

  • 落語家らぶ平一門会開催中
    5月
    25日

    落語家らぶ平一門会

    横浜にぎわい座
  • MUSIC COLLECTION SERIES #10開催中
    5月
    25日

    MUSIC COLLECTION SERIES #10

  • ダメじゃん小出の黒く塗れ!Vol.52開催中
    5月
    25日

    ダメじゃん小出の黒く塗れ!Vol.52

    横浜にぎわい座
  • 県民名曲シリーズ第20回開催中
    5月
    25日

    県民名曲シリーズ第20回

    神奈川県民ホール

周辺の魅力を探ってみよう

    周辺を探索する