コンテンツにスキップ
Double Planet 第4話

雙行星第 4 集

雙行星
第 4 集“我養的動物以為是狗,實際上是貓。”
Luca Tamaru (Furutajun & Yota Kanda / Radio Shonan Personality)

誰期待這個新學期?我不確定我的高中二年級是否已經開始,但我從春假到 5 月 6 日暫時關閉。唯有感情在搖擺,唯有時間流逝。我對暑假感到非常興奮,但我對這種暫時的關閉並不滿意。電暈奪走了我青春的一部分。儘管他不太喜歡青春,但他被這種偏執狂所攻擊。啊,我真的瘋了。

當然,沒有社團活動,只有話劇社的團線精彩。每個人都是自由的。我在交換廢話。我只是在看大家的互動。

“餵,我有空,你怎麼不上網練練??”

主講人是同學夏樹。
顯然,最近,有一些東西使用縮放來設置在線影院。
當它變成面對面的NG時,這是需要考慮的事情。
即便如此,打開播放開關後夏樹的天線還是很厲害的。
現在他比俱樂部裡的任何人都更熟悉劇院的情況。誰在哪個劇院公司獲得了獎項?那個戲劇社的高中校友出過著名演員。我已經和我的前輩如此熟悉,以至於我想知道它是不是一個戲劇作家!

age-213379 "src = https://magcul.net/wp-content/uploads/2020/04/zoom.jpg "alt = "width = 1882 "height = 996 "/>

這是夏樹提倡的兩個在線課程。

・你為什麼不同時通過相機練習發聲?
・ 你為什麼不決定一個主題並在網上做練習曲(即興戲劇)?

看著我沒有反應過來,不太喜歡夏樹建議的新三年級學生很快讓我平靜下來。
我想夏樹很失望。也許我應該以朋友的身份出手,即使是謊言,說“我想試試!”。

說實話,我也有一點小變化。
這不僅僅是蹩腳的。
我也還活著。
從那時起,我開始每週聽廣播節目《Love & MUSIC》,當我腫起來的時候,我就是這樣的感覺。

“我也應該寫個故事……”

我想出了這樣的事情。
我沒有向任何人宣布它,而是在我自己決定的想法層面上。
我在智能手機上下載了備忘錄功能應用程序,並嘗試輸入故事的想法。

只有時間是巨大的,所以這是消磨時間的好方法。

我沉浸在其中,有時是半夜兩點鐘。
我沒有深入研究,但現在我覺得我正在寫越來越多的我想出的東西。
感覺就像是把球扔進了烏雲中,朝著一個沒有目標的地方扔了過去,但這很有趣。

這有什麼好玩的?
這是我以前從未嚐過的那種。

在我想出的故事中,我最喜歡的一個是
一部全家人以為是狗的動物其實是貓的喜劇。

當我想到它時,我笑了。

“那是什麼?!”

津て自分で自分にツッコみを入れたくなった。

その家族は猫を見たことがなくて、このぐらいのサイズの動物はすべて犬だと思い込んで生きてきた、みたいなそんな設定の物語。

私は、このアイデアを誰かに話してみたくなった。

ナツキしかいない。

まずは悟られないようにナツキに何気ないLINEを送る。

「ねむいー」

正直、全く眠くない。むしろは目はバッキバキに冴えている。他愛もないラリーでやりとりした流れで、冗談っぽく切り出してみた。

「暇すぎて、こんな物語思い付いたんだけど(笑)」

犬が猫だった云々かんぬんを送ってみた。

既読になったまま、待てど待てど、返事がない。

どうしちゃったんだろう……即レスのナツキとして有名なのに。

いったんお風呂に入ることにして、さっぱりして戻ってくると、

見たこともない長文が送られて来ていた。

ナツキなりに「全然ダメだと思う」的なことが、回りくどい言い方で延々とつづられていた。途中で先を読むのも嫌になったけど、一応最後まで読んだ。

ぐったりして、気分が重くなった。

ナツキのいつものノリで「オモシロっ!」なんて言われるとばかり思ってた。

自分の発想の豊かさを褒めてもらえると期待してた。

「リアリティーがないんだよねー」

そんなもっともらしい言葉まで付いてきた。

リアリティーねぇ。リアリティーなんて必要なのかな?

だって、ありえない物語の方が面白くない?って思っちゃう。

私は誰もいない部屋で、ブツブツと反論を試みた。

そんなこんなで批判されて、すっかり気持ちが萎えてしまった。

メモ機能アプリにも触らない時間が増えていって、またポッカリと穴が開いたような時間を過ごすことになった。ネットフリックスでアニメを見ても、テレビで連ドラを見ても、なんだか満たされない。私の中で時間がまったく積み重なっていかない。

生きてるのか死んでいるのか分からない。

鬱々と悶々としたまま、日付を見る。土曜日だった。

ラジオを付けた。

いつものリスナーさんのメールが紹介されている。

いいなぁと思った。私も参加してみたい。

えっと、誰だっけ……そう、サトルブルーだ。

高校生リスナーのサトルブルーみたいに。

私の気持ちをラジオに送ることにした。

Kanda "電子郵件,這是來自電台名稱 "Lucas"。
“很高興見到你。我大概是在縣內的高中上學的二年級女生吧。
我現在放學了,真的很無聊。
無論是玩遊戲,看動漫,還是做任何事,都有些無聊。
這是電暈白痴。
前幾天,我自己想了一個故事點子之類的東西。
這很有趣,我想出了很多。
當我向朋友展示我的自信時,我完全被拒絕了。
這是我的狀態報告。 』 」

古田“侯”

神田“說起故事,你就是古田。”

古田:“你年輕的時候,對自己的作品有沒有毫無根據的信心?”

神田“我也在場”

古田:“但是,當有經驗值的人出現並被合理的話否認時,它就會被削弱。”

神田「古田君,你是不是凹下去了?」

古田:“我很挫敗,但很快我就多了些毫無根據的自信,否認我的人是錯的!我是對的!”並進一步說服了自己(笑)。

神田“我明白了一些(笑)”

古田“我不認為製造有一個正確的答案。我認為這個人在製作過程中發現的一切都是真實的。如果你繼續製作東西並成為一個成年人,有很多時刻是不是這樣的。它來了。現在純粹做它很有趣,我認為它很珍貴!如果你有表達的慾望,不要害怕!”

“待續”

* 你可以從這裡看到後面的號碼。