Loading...

MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
【連載】稲村ジェーンに乗りたくて(3)-桑田佳祐の「夏」を求めて-
その他
2021.09.29

【系列】我要騎稻村簡(三)-尋找桑田圭佑的“夏天”-

(本網頁內容是利用Google自動翻譯服務製作,無法保證翻譯結果完全正確。請以此為前提後再行使用。)
原以為再也見不到的導演桑田圭佑的作品回來了!
這個系列是慶祝它並追求“桑田先生看到的湘南原始風景”的挑戰。
你的夏天熱嗎?很短嗎? (作者)

“秋天醒了”
每次想起這些歌詞,就覺得我們的夏天從九月開始。順便說一下,稻村珍於 1990 年 9 月 8 日被釋放。從那天起有多少次...
但是為什麼茅崎的夏天在秋天看起來那麼好呢?
隋唐高僧道綽禪師已答曰:“阿彌陀佛淨土為何在西方?”他宣說歸處為淨土。將夏末與生命的盡頭重疊起來,或許也是一種人類情感可以做到的技巧。
2021年6月25日開始的我們“簡”的夏天即將結束。


(稻村崎大約在電影“鎌倉稻村崎”1956年“笠松四郎-最後的新版畫” Unsodo合集)

① 作為別人的理論
奧茲:好久沒當老師了!呃…
阿米:嗯,老師! ??你為什麼穿著白色緊身褲和一隻天鵝? ??
教授:是的,我正在考慮我的下一份工作。我想成為一名“傑出的藝人”。
阿米:不,老師,超級情緒……
奧茲:(這是我在某處聽過的台詞。)

教授:さぁ、キミたち。この夏の答え合わせをしよう。どうしてお笑い芸人さん達の日常には、あれほどにも面白いことが起きているんだと思う?TVなどで見聞きするフリートークのネタ、我々にはあり得ないような事象、面白いことが日常的に起きているよね。

オズ:やっぱり芸人さんのような生き方をしていると、面白いことも起きやすいんじゃないんですかね?

アミ:私たちとは違う世界を生きているというか…

教授:本当にそうだろうか?先生はね、彼らは「お笑いのアンテナ」を常に張り続けているだけであり、我々と同じ世界、日常で、「オモシロさ」をキャッチするプロだと思うんだ。

【研究ノート1】

 本研究(連載)は「ジェーン」という映画内では具体的に示されていないその波について思惟し、桑田佳祐の中にある「夏」を探し求めるという体裁で始まった。

 この作業は一見、単なる映画評論と捉えられるかもしれないが、そうではない。「湘南」という住所にはない土地・エリア名、そしてその「湘南」から湧き出る誰しもの心にあろう「あの夏」の実像へ近づくための実践的な研究である。

 桑田は述べる。「彼女(※波子・筆者)が、はぐれサーファーのヒロシを叱責する場面があるんですよ。『他人を遠ざけて、静かな海に浮かんでいたってしようがないじゃない』って。小さな波にプカプカ乗ってバランスをとるんじゃなくて、ときには危険を承知でビッグウエイブもキャッチしなければダメだって台詞なんです。」(『With』1990年10月)という、ヒロインの立ち位置。

 映画内での主人公・ヒロシの口ぐせは「俺たち他人だから」だ。そう、この映画の鍵は「他者」との関係性である。

 我々は自己を見出そうとするとき、そこに「他者」がなければ自身を確認することが出来ない。この世界にたった一人だけで、私が存在したとして、その時私は「わたし」を認識できるだろうか?(否)。

 そしてまた自己を省みるとき、我々は疑似的に「他者」となる。「あぁ、ぼくはいま眠りたいと思っている」と考えるとき、その対象の「ぼく」と考えている僕とに一定の距離がある様に。

アミ:俯瞰的に見る、ということでしょうかね?

教授:そうだね、さっきのお笑い芸人さんにも仮に自己というものを想定如果你這樣做了,我認為你是從一個有點遠的“有趣的角度”看世界。
奧茲:所以……可以把簡說成“他者”嗎! ??
教授:是的,首先,我想是這樣。桑田先生在談到《稻村簡》時提到了幾部電影作品,但其中有吉姆·賈木許的《異國天堂》(1984年,美國)和《巴格達咖啡館》(1984年,美國),看(1987年)就可以看出來, 聯邦德國)。在我看來,作品與“他人”的關係似乎占到了 90%。然而…
阿米:但是?
教授:當時有一個電影作品提到,雖然不是正面的說法。它一直在我心裡。
奧茲:你什麼意思?
教授:是1987年上映的法西德電影《慾望之翼》。


(小冊子和電影預售票。湘南搖滾中心再次收藏)

② 異世界的凝視
【研究筆記2】
你想拍什麼樣的趨勢電影?桑田問:“我喜歡懶惰和清醒的東西。
一部黑白折射的電影,台詞不多。這是一部有著不同視角的終極衝浪電影。 》(《FM 迷》1989 年 4 月)。
一開始真的很像《怪異天堂》。後巷,後巷……“(同上)和”起初,我的目標是像“陌生人(省略)”這樣的清醒電影。正如他所說的,“一部似乎在一個場景中繼續的日常電影=一個剪輯。”(“每週花花公子”,1990年8月),設想了一個相當藝術的初步計劃。似乎確實如此。
還有那個單色關於色彩的運用,我要注意的是“現在,OL和學生們會以一種時尚的方式出去約會看《柏林天使之詩》。在我們這個時代,它是“喬伊”。觀看者一側的天線更鋒利,不是嗎?”(“Can Can”1989 年 6 月)。
像南方一樣做些更瘋狂的事情不好嗎?雖然是對《女神們的情感之歌(未公開的Y型(Kay))》的評論,但作為與已經先進的電影製作的聯繫,我想關註一下。
電影《慾望之翼》是一部將人類看不見的天使側的視點(黑暗)用黑白表達,將人的視點和世界(顯露)用彩色表達出來的全球性大片。
在日本,明研的想法比中世紀更加清晰。我們人類通常只能看到暴露部分的世界。但現實中,有一個黑暗的世界,那裡的神、佛、死者都在影響著顯化世界。

教授:其實,今年夏天,神戶的一位老師就指出了。
奧茲:哦,你是不是因為病得太重而生氣了?
阿美:(奧茲君,你真是個幼稚的老師……)
教授:不,這是我眼中的秤。如果說電影連海浪都沒有,更別說衝浪場景了
*連載1 ),有一處。
阿米:是啊,你看到大浪了嗎! ??
教授:當我又急忙查看《稻村簡的文件》時,簡果然出來了。這是桑田先生自己騎著起重機從海邊搖曳著用相機拍下岸邊的照片。是的,換句話說,我們是為了從簡的角度展示岸邊(世界)的狀態。
奧茲:我明白了!不是叫簡的波浪圖,而是簡在那裡。
教授:嗯,這就是我注意到的。那麼,簡是從另一個世界看的嗎!
阿米:另一個世界是什麼意思?
教授:雖然“其他”這個詞出現得比較早,““其他人”並不是唯一的。雖然肉眼看不見,但神、佛、死者也是“他者”。
奧茲:那是指你以外的人嗎?
教授:是的,重要的是電影《慾望之翼》。在這部電影中,一個繼續作為永生生活的天使(死者)站在生者身邊,用憂鬱的眼神看世界。由於天使在永恆中,他們無法享受“現在”或“這裡”的時刻。愛的樂趣和痛苦是我生前沒有註意到的。它通過死者的眼睛告訴我們每一刻的稀有,世界的奇蹟,以及世界的非凡。我想桑田先生是因為這個來自另一個世界的凝視而想通過簡向我們展示的。


(劇照和實際劇本的靜態照片。湘南搖滾中心再次收藏)

③ 青春與成人,生與死的“阿偉”
[研究筆記3]
桑田在接受采訪時說: “只是年輕人總是在等待什麼。有智慧自己開始的人不是年輕人。”(Josei Seven,1990年9月)時。
當我們想乘風破浪時,我們別無選擇,只能注意自然而然的波浪或自己製造波浪。解釋桑田之前的話,成年人是一個可以自己製造波浪的實體。
正如係列 2 中提到的,生活中很少有大浪。而當你年輕的時候,你甚至無法注意到日常生活中的漣漪。製作人森重明用桑田的話來說,“青春就是遇見你是否能感受到波濤洶湧。”(同上)。。

 つまり我々は退屈な日常の中で、若者と大人のあわい(間)に生きているのである。そして波を感じている限り、ずっと青春でいられる。99%退屈な日常ではあるけど、なにか面白いことを探し、夢を見続けることはできるのだ。

 さらにジェーンは我々に教えてくれる。この今一瞬の偶然性、命の素晴らしさ。「何かを海が言おうとしているんですよね、答えを。でも、そんなの分かるわけない(笑)」(『平成NG日記』1992年6月)と、桑田は答えを海(波)に任せているが…。そのかけがえのない一瞬一瞬の答え(波)に出遇うことによって、退屈な、永遠なる青春時代が肯定されていくのだ。

教授:私は最初、魑魅魍魎が出てくるクライマックスの意味が分からなかった。

アミ:え、踊り!って思いますよね。

教授:しかしこの夏、ようやく私なりの解釈にたどり着きました。ジェーンからの画を含め、あそこで他界からのまなざしになるんです。これは世阿弥の手法ととても良く似ています。彼の能における位相転換は「舞」です。専門用語では「離見の見」という、他界からのまなざしパートに入る。

オズ:ヒロシももう「他人だから」とは言わず、他者と生きている喜びの中にいますよね。

教授:ちなみに能舞台は、観客席との間に白洲があり、後ろにある板(鏡板)には松が描かれています。湘南だよね(笑)桑田さんはTV番組でクライマックスについては「日本のリオのカーニバル、生と死のはざまにある狂気に興味がある」(『稲村ジェーンスペシャル!桑田佳祐が語る~風と波と音楽の物語~』)とか、鎌倉が舞台なので「実生活に妖怪がときどき影響を与える距離感」(同上)等を表現したかったと言っています。

アミ:骨董屋の主人が亡くなるのが、そのシーンですよね。あそこでマスターの世代の波が20年を経ておさまった気がしています。そして「マスターの大波と一緒じゃん」と言っていたヒロシの世代の波が立ったと言えばいいのか…

教授:その二世代にわたり寄せては返す波こそが波子であり、ジェーンの正体だったんですよ。

オズ:やりましたね教授!たどり着けたじゃないですか!!

アミ:お疲れさまでした!

教授:さて、来年の夏が始まりました世界。我會宣布任務。
兩個人;呃,你又要做什麼! ??

※本故事純屬虛構。

結論像回來的簡
JR相模線茅崎站出發的新出發旋律《園愛海》,由湘南搖滾中心AGAIN製作,我在寫這篇文章時所代表的,實際上已經開始在車站的月台上流動。
雖然是加山雄三的歌曲,但由於巖谷時子教授的歌詞以“Holding in the sea”開頭的連載,我心中有了新的詮釋。
如果另一個世界是大海(波浪),它可以被認為是“所有的生命”。 “在海中抱”意味著活著,並得到已經存在和仍然存在的“所有生命”的支持。而最終,我回到大海的時候也會到來。
一個帶回來又回來的生活故事。感謝你在連續的歷史中成為我。 2021年,加山雄三和桑田圭佑發行新歌的奇蹟發生了!這是最好的。
感謝桑田先生向我們展示了平成一代的電影“稻村簡”,並讓我說“天氣很熱,但是很短,不,夏天”! !!

釋義純正(湘南搖滾中心會長,佛教學者)

1989年生於茅崎市的寺院。專攻日本淨土佛教和日本思想史。為紀念南方全明星40週年,新光出版了一本總結桑田圭佑、加山雄三、加瀨邦彥、尾崎清彥等人的茅崎聲音文化的書“我們的茅崎物語:日本流行音樂起源茅崎聲音歷史”音樂。出版。
目前,他是每週一22:10到鎌倉FM的“湘南搖滾中心RADIO”的主要DJ。
官方網站:/ "> https://www.srcagain.com/

編輯合作:
田崎亞美
小澤大
(湘南搖滾中心研究員)