Loading...

MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
【連載】稲村ジェーンに乗りたくて(2)-桑田佳祐の「夏」を求めて-
2021.07.30

【系列】我要騎稻村珍(二)-尋找桑田圭佑的“夏天”-

(本網頁內容是利用Google自動翻譯服務製作,無法保證翻譯結果完全正確。請以此為前提後再行使用。)
原以為再也見不到的導演桑田圭佑的作品回來了!
這個系列慶祝這一點,也是追求“桑田先生看到的湘南原始風景”的挑戰。
湘南是什麼?什麼是夏天?我們希望您能在手中拿著可樂享受它。 (作者)

雨季過後的茅崎。
凌晨4點30分,在鎌倉時代最接近神佛的“曉(仍然黑暗的時間)”之後。
我一直在等!就像我說的,蟬一下子就哭了起來,想要過今天的生活。

至今,很多前輩都對“湘南在哪裡”這個問題提出了質疑。
但是,作為湘南文化研究所的學者,這個問題是無法迴避的。
是的,他在這部電影中說,“我想在我心中描繪真實的湘南。”

茅崎市布蘭丁大學今天仍然很火爆。

① 沒有“湘南”這樣的東西......
教授: Eboshi的~夏天真棒~沒什麼,是夏天~,砰!
阿米:老師!可以嗎! ??
奧茲:老師!衣裳的春天來了! !!
教授:早上好,對不起,我睡不著,因為我注意到了這麼多。
奧茲:你注意到了嗎?沒辦法,老師,簡的真實身份……
教授:不,不。你出生在茅崎和平塚吧?
阿美:是的,我今天也渡過了相模川!
教授:那你知道那部電影的哪一部分實際上是在茅崎和鎌倉的湘南地區拍攝的嗎?
奧茲:是的,映照宇波岩的地方,稻村崎江之電……
Ami:還有太平洋公園。
教授:顯然,中國古董商住的西式建築也使用了真正在鎌倉的西式建築。實際上,似乎大部分拍攝都是在伊豆或工作室中進行的。
奧茲:是啊!為什麼電影取景在湘南?ざわざ…

教授:つまりだね。当時すでに、25年前の1965年を再現できる環境が、この湘南エリアにはなかったことを意味しているんじゃないかな。

【研究ノート1】

 桑田佳祐は述べる。「いまの湘南って、シャレた建物が並んで海の見える青山通りみたいな感じだけど、オレの心象風景としては、素朴で淋しい海というイメージなんだよね。家の近所には、結核の療養所があって…。すっかり変わっちゃったよね。それは湘南だけでなくこの国全体にいえることで、地域性なんてなくなってサ、なにか、とり返しのつかない方向に進んでいる」(『with』1990年10月)と。

 この時期の「湘南」を評す桑田の言葉が、非常に痛快で、また我々に自己内省を促す。例えば上述の「海の見える青山通り」・「海の見えるキラー通り」化だったり、東京の人がイメージする「カリフォルニアの青い空」(『fm STATION』1989年 No.6)、「葉山とかは、まだ情緒あるからいいけど茅ヶ崎とかもうミニ東京になっちゃったもんね」(『AERA』1990年9月11日)だったりと…。

 彼は自分の中にある湘南はそんな表面的でキレイなものじゃないと、そのような「湘南」感覚を否定する。もっとクオリティの悪い清々しくない排他的だった湘南に愛着があり、また妙なもの悲しさがあったと言うのだ。

 しかし無常の波は例外なく湘南・茅ヶ崎にも押し寄せていた。その内実は、地方都市・田舎としての「東京への憧れ」である。「やっぱり東京に憧れているからそうなるんじゃないかな。でも海の見える青山通り化を目指してると、駅のたたずまいとか、道路とか、よかったものを根こそぎ捨てないと新しくなれない。捨てたものは、もう帰ってこないでしょう。だから、湘南と言われると、茅ヶ崎も浦和もみんな同じになったような気がしちゃうんですよ」(『週刊文春』1990年9月6日)。映画内ではレストラン・ビーナスを、東京の外食産業会社が買い取ろうとするシーンが描かれていた。

 サナトリウム・南湖院は明治32年(1899年)に開設され、国木田独歩や石川啄木などの文化人や上流階層の患者の入院があったことから、茅ヶ崎の知名度アップにつながった。そして開設の前年に東海道本線茅ヶ崎停車場が置かれたことにより、海沿いの別荘地として茅ヶ崎は発展する。

 桑田が生まれた1956年に還取消了對醫院的徵用,該醫院已經是美國在日本的軍事設施營地。即便如此,那種氣氛還是會留在桑田長大的南港土地上。然而,1985年,車站大樓開張,紅龍蝦、第一廚房等連鎖店在漁人鎮開張。拍攝電影時的茅崎與桑田所知道的原始風景相去甚遠。


(1984年12月茅崎站舊樓最後一天)

教授:在湘南地區長期居住的人,並不經常使用“湘南”這個詞。當被問到你來自哪裡時,你會說什麼?
奧茲:這是茅崎!
亞美:平塚! !!
教授:沒錯,但是對於那些不在關東地區的人來說,這是神奈川縣的湘南!或者說類似的話(笑)
2人:當然...
教授:這是人類有趣的一部分。桑田先生直到進入大學才知道“湘南男孩”這個詞,不同的是他自己被列為石原雄次郎和加山雄三的家譜。當然,說“榮譽”是謙虛的,但我覺得我感受到了像“湘南音”這樣的分類和捆綁的危險。據說“個人”會消失。
亞美:裕次郎的湘南、若大莊的湘南、桑田同學的湘南都不錯。
奧茲:你不必接受清晰包裝的“湘南”形象……
教授:桑田先生也說他不討厭那種“夏天!是海!”(笑),但我認為茅崎應該是茅崎。我也是這麼想的,當我看著藍天、大海、白色的沙灘、棕櫚樹的貨物時,茅崎只是一種幻覺。這是今天仍然存在的問題,事實上,“湘南”已經不存在了,對吧?我也覺得。
アミ:そこで桑田さんは「真実の湘南」を、映画の中で表そうとしたんですね。

教授:それも本業である音楽との合わせ技ですよ。前回お話したときに出てきた映画『彼女が水着にきがえたら』が「表湘南」ならば、自分は「裏湘南」をやると宣言しています。サザンの活動につきまとう「湘南サウンド」という言葉との対決です。彼は地元の人間としてのアンチテーゼであって、それに対する答えという意味でも、映画の中で「真実」を演出したいとね。

オズ:『真夏の果実』、略して「真実」ですね!

セミ:ミーンミンミンミーン…

②退屈と偶然

【研究ノート2】

 映画のパンフレットやポスターなどには、以下のキャッチコピーが書かれている。

「いつも、なにかものたりなかった。若者たちはいつの時代も退屈な日常の中で生きている。」

 桑田佳祐は若者たちの青春を「退屈」と表現した。もちろん実際は若者たちだけではなく、現代人全世代の生き方への問題提起でもある。

 彼は自身が辿ってきた道をふりかえり、「オレらも立派な青春なんか過ごしてないよ。でも、オレらの音楽とか、偶然が重なっていまになるようなことがあるじゃないですか?バカな純粋さっていうか、単に道歩いててコンテストのチラシ拾ってやっちゃったみたいなさ。だからねぇ、そういうものを信じてほしいなって思う」(『GORO』1989年2月23日)と夢や偶然を信じるといった純粋さを大切にしようと強調する。

 加山雄三と桑田佳祐は十八歳の年の差だ。「加山さんなんかが作った『湘南』にみんなが憧れているってのは分かるんだけど、僕らの時は、憧れる対象なんて漠然としちゃってもう何も無いっていう時代だからね」(『Number』1990年9月5日)と、世代による「湘南」に対する表現の違い。それは特に加山の青春時代と桑田の青春時代の間では顕著であった。

 ゼロ(0)を発見したインド人ではないが、「何もない」のだけれど、「何もない」がある。その「何もない」世界に投げられた(「被投性」ハイデガー、九鬼周造)この私という現存在で、可能性を生きるしかない。我々は存在しない可能性もあったにもかかわらず存在している、という有り難さ。このかけがえのなさこそが、偶然を信じるということに繋がるのではないだろう蚊子。
如果桑田用一句話說電影“稻村簡”呢? “哦,湘南變了。它曾經很窮,但這是一部似乎真實的電影”(Smile,1990 年 9 月 15 日)。


(從太平洋酒店眺望江之島)


(湘南?不,襟裳岬的狐狸)

教授:在這部電影中,桑田先生想畫“一無所有的青春”。
Oz:哦,那你之前唱過《披肩》嗎?
教授:原來如此!由吉田拓郎作曲,岡本修美作曲。其實這首歌剛出來的時候,就有一集讓當地人很生氣,說:“什麼都不是!”當然,我們已經解決了,通過點擊它來提高歌曲的名字(笑)。
阿米:啊哈(笑)但是很難,不是嗎?我覺得旅遊小冊子裡有“奢侈無為”就好了,“慢生活”這個詞經常用於湘南地區。
教授:這是日本的侘寂。如果用它來表示湘南人過著輕鬆自在的生活,他們就會生氣。老師沒有時間貧窮(苦笑),但這個詞的真正含義是,它起源於如上所述的意大利村莊保持傳統反對快餐店擴張的運動。
奧茲:那……就確認“沒什麼”你可以理解它的意思!
教授:是的,回頭看看所謂的初高中青年。有沒有大浪?
奧茲:嗯,當你說...
阿米:不無聊,但你可能隱約覺得總有一天會有什麼事情發生。
教授:總有一天會發生樂趣,總有一天我們會快樂。它現在正在遠離當前的“生活”和“生活”。老師稱其為“現代虛無主義”,但它的意思是沒有“漣漪”一直存在於日常生活中,甚至不知道它的存在。
奧茲:電影的主人公說,“是師父的大浪”,是否定存在和可能性的詞。所以“無”只是無聊。
教授:是的,但我不這麼認為。當然,大浪很少來。然而,雖然它可能非常平坦,但“漣漪”總是在發生,每一波都有不同的顏色形狀。
阿米:完全一樣的浪潮不會再來了我不想放手~
教授: Naminori Johnny可能已經可以騎Jane了(笑),所以沖浪的人預測大浪,同時在天氣圖和大海中實際感受那一刻的波浪。不是在等待嗎?
Oz:這不是模糊的等待,而是預測,但它是明確的等待……
教授:嗯,這很難表達,但我在全心全意地等待著。此外,如果您以這種方式生活,您可能會遇到超出您的期望或意圖的“意外”。哲學上“遇到(開口)不過,這就是電影《稻村簡》中與他人的關係,我想這也是女主人公奈美子存在的原因吧。
阿米:老師……是emo,但是好難啊!
教授:是的,我在學生時代沒有意識到很無聊(笑)嗯,現在是八月。你們有自己的天線,趕海浪!夏天結束了請提交今年夏天的波浪報告! !!
2人:嗯,是暑假作業嗎……
教授:(我會做的。)

※本故事純屬虛構。

釋義純書(湘南搖滾中心會長、佛教學者)

1989年生於茅崎市的寺院。專攻日本淨土佛教和日本思想史。為紀念南方全明星40週年,新光音樂出版了一本書《我們的茅崎物語:日本流行音樂起源茅崎聲音史》,總結了桑田圭佑、加山雄三、加瀨邦彥、尾崎清彥等人的茅崎聲音文化。 .
目前,他是每週一22:10到鎌倉FM的“湘南搖滾中心RADIO”的主要DJ。
官方網站: https://www.srcagain.com/

編輯合作:
田崎亞美
小澤大
(湘南搖滾中心研究員)

照片提供:
齋藤拓哉