コンテンツにスキップ
特別展「帰って来た橋本治展」

平成の時代とともにその生涯を終えた橋本治が、令和6年春、横浜に帰って来ます―――

橋本治(1948~2019)は、1977年に高校生の日常を描いた「桃尻娘ももじりむすめ」で小説家としてデビューし、それまでにないスタイルと内容で世間に衝撃を与えました。すでにイラストレーターとして活躍していた橋本は、以後、小説執筆と併行して、恋愛や性、家族、時代を論じ、舞台やイベントを演出し、セーターの編み方を教え、古典をひもとくなど、八面六臂の活躍を繰り広げました。どんな未知の分野にもひるまず分け入った橋本の原動力は「わからない」ことを解明したいという思いだったといいます。その成果は膨大な数の著作となって、我々に大きな〈恵み〉をもたらし続けています。
 当館は、2019年以降、橋本治の直筆原稿をはじめとする資料をご家族、ご関係の方々から寄贈いただき〈橋本治文庫〉として保存しています。本展は、時代を先取りし、さらに、人間と人間の生きた時代を描きだそうとした橋本の生涯を、所蔵資料を中心にたどります。
 「桃尻娘」シリーズの最終章は、当館のある港の見える丘公園で、未来への希望を示唆して締めくくられます。この地で、帰って来た橋本治の新たな一面に触れていただければ幸いです。

開催概要

日程
  • 9:30~17:00(入館は16:30まで)
    ※休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)

料金

一般 700円/65歳以上・20歳未満及び学生 350円/高校生 100円
中学生以下 無料

場所

神奈川近代文学館

神奈川近代文学館
当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

出演概要

出演

【編集委員】松家仁之

主催

県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会

協賛

【後援】NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk
【協賛】新潮社、中央公論新社、京急電鉄、相模鉄道、東急電鉄
    横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】KAAT 神奈川芸術劇場

イベント

  • プラザ・アフタヌーンジャズVol.15
    4月
    13日

    プラザ・アフタヌーンジャズVol.15

    川崎市民プラザ
  • 「ガンバの大冒険」開催中
    4月
    13日

    「ガンバの大冒険」

    ハーモニーホール座間
  • 八神純子 Live キミの街へ ~for all living things~開催中
    4月
    13日

    八神純子 Live キミの街へ ~for all living things~

    関内ホール
  • にぎわい座 志ん輔三昧開催中
    4月
    13日

    にぎわい座 志ん輔三昧

    横浜にぎわい座

周辺の魅力を探ってみよう

    周辺を探索する