コンテンツにスキップ
藝術/攝影

連續一擊列的俘虜“”/第二次下道元之的俘虜“移動”

連続読み切りコラム『  』の虜/第2回 下道基行『移動』の虜

移動の虜

数年前、拠点を愛知に移した。妻の実家に居候。それまでは東京を拠点にしていが、現在の活動/仕事は色々と旅や滞在制作が多く、

1ヶ月に1週間程しか家に帰らない…となると、月々の高い家賃は何に支払っているのか分からなくなってきた。

『実家に寄生』(さらに妻の…)ということを、ポジティブに考え検討し実行することができれば、東京の家賃分の金額だけで生活していけなくもない。

妻の実家は妻のおじいちゃんが設計した個性的な家。

日本中で建て売り住宅が一世代で作っては壊しを行なっている現状に疑問を感じているので、この家がなんだか誇らしい。

「東京には仕事やチャンスや、何かがある」というぼんやりとした期待に大学卒業後から10年程しがみついていた。

“寄生”という生き方も悪くないと思うし、前の世代が作った“当たり前”は、勇気と対話を持ってどんどん踏み外して行けばいいのだと思う。

愛知に住んでみると、ここは関東にも関西にも海外にも出やすく、拠点にはとても良い。

マスオさん生活というのも、新しい家族との生活もなかなかエキサイティングだ。

しかしながら、やはり東京での仕事や面白そうな展示やイベントは多いので、1、2ヶ月に1度くらい東京へ行く、そこで交通費支給の用事の時に、

すべての予定をまとめて入れるように調整する。

ダラダラと東京に住んでいるときより、テキパキと東京を使っている感じは悪くない。

そうそう「移動の虜」。

移動中のバスや電車や飛行機の中は、『どこでもない場所』だと感じる。

自宅でもなく、仕事場でもなく、知っているような、知らないような場所。

移動用に最小限の仕事や本をバックに入れて持っていると、結構集中できる。逃げる場所がないのも良い。

そして、時々窓の外に目を移すと、風景が様々に変化し続けている。

贅沢なレンタルオフィスのよう。愛知—東京は新幹線なら1時間45分なんて近すぎる。

リニアなんていらないんじゃないか?と思う。

昔から、日本人というのは、農家でなくても、その土地で定住することを大切にしてきた。

今でも定住するタイ大部分都是人,但也有一些人已經搬了很久,而我是幸運的還是不幸的,我就像一個動人的人。
都說衣服的感覺,久了就像是“赤裸的將軍”。背心、背包、涼鞋和雨傘。
雖然今後人口會減少,但人口會集中在城市,農村空置房屋數量會增加,流通不暢的狀態會有所改善。
有一些鼓勵年輕人遷移的項目,但除此之外,如果國家做一個“讓藝術家在國內自由或廉價流動”的文化項目,它將在日本列島周圍流動,血液流動將是一個很少。但想像一下它可能會變得更好。

Tora-san,我認為藝術家和流動的人可以隨風攜帶文化和交流。
像新幹線通票一樣面向外國遊客的藝術家通行證。
新幹線從青森連接到鹿兒島,國內的飛機航班連接到各個地方,甚至連輪船也連接起來。
在這種情況下,如果將日本列島比作身體,毛細血管和末端可能會奇怪地發育。

我離開名古屋,在開往新山口的新幹線上打開電腦,寫下了這句話。
家鄉岡山的風景從車窗流過。
到目前為止,我已經寫過關於搬家的文章,但我認為搬家也是有一個基本“家”的東西。

“鳥居”

獲得第一屆“鐵狗異托邦文學獎”寫真集“鳥居”
下道元之先生的代表作之一,他拍攝了《鳥居離開日本國境》。

下道元
2001年畢業於武藏野美術大學美術設計學院油畫系。 2003年,從東京攝影大學攝影研究生院退學。 “戰爭的形狀”系列(2001-2005)是在對砲塔和機庫等日本各地以及美國,台灣等日本,俄羅斯、韓國 以該地區的實地考察為基礎的生產活動而聞名,例如代表系列“鳥居”(2006-2012),它拍攝了作為殖民時代遺蹟的鳥居。他的作品既不是風景文獻,也不是歷史事實檔案。埋藏在生活中快要被遺忘的故事,或者日常瑣碎無法清晰意識到的事情,通過照片、事件、採訪等手法剪輯得以揭示。仍然“重新呈現” “對我們來說是一個持續的事件。 2012年在光州雙年展上獲得新人獎。

http://m-shitamichi.com

相關文章