コンテンツにスキップ

佐尼很有趣!與 ozoni 研究員 Hiroko Kasuya 一起舉行的 Zoni 節

お雑煮って面白い!お雑煮研究家の粕谷浩子さんとお雑煮フェス

皆さんのご家庭ではどのようなお雑煮を召し上がっていますか?

我が家のお雑煮は鶏で出汁をとり、大根とニンジンの飾り切りが入ったものだ。お餅はうっすらと焦げ目がつくまで焼いて、出汁に浸す。

子どものころからこの味に親しんできて、「これこそがお雑煮!」と思ってきたが、そんな私の概念は鎌倉で開催された「お雑煮フェス」であっさりと覆されることになった。

そこで出会ったのは今まで見たことのないお雑煮の数々であった。牡蠣雑煮、甘いお豆腐のスイーツのようなお雑煮・・・中には茶碗蒸しにお餅の入ったものまで!

多種多様なお雑煮に目を白黒させて驚いている私に、主催者の1人である(株)お雑煮やさん代表、お雑煮研究家の粕谷浩子さんはこう語る。

「(お雑煮とは)同じ市町村内でも違う。日本全国、そのご家庭では自分達のお雑煮が普通だと思っているんです。各家庭で違うらしいと皆さん知っていても、ここまでも全然違うというのがある。」

お雑煮によって見えてくる、地域の歴史、文化、そして人々の暮らし。粕谷さんのお雑煮にかける情熱と、お雑煮という食文化の魅力について、今回お話を聞いてきた。

粕谷さんがお雑煮に興味を抱くきっかけとなったのは中学生のころ、父親の転勤で新潟県上越市に引っ越した時だった。それまでは牡蠣入りのすまし汁か、香川県出身の母が作る、白味噌に甘いあんこ餅の雑煮が彼女にとって「普通」のお雑煮だった。しかし正月に友人宅に招かれた際、ワラビやズイキがたっぷり入った茶色の雑煮をごちそうになり驚いたとのこと。各地域、各家庭でお雑煮の「普通」が違うことを知った。

その時の衝撃を、粕谷さんは社会人になってからも忘れられずにいた。中小企業診断士として忙しく働いていたが、2009年に女子栄養大学に入学し、栄養学を学びながら、雑煮をテーマに人々への聞き取りを始めた。2年前からは九州に拠点を移して活動している。

「今おばあちゃんナンパして九州を歩いているんですよ(笑)。あっちこっちで「すみません~」って聞いてまわっています。本当にそうしないとその地域のお雑煮ってわからないんですよ。みんなにとっての「普通」がたくさんあるのかもって思っています。

東京だと菜っ葉と鶏で「なとり雑煮」。だから小松菜と鶏なんですけど、神奈川の厚木や秦野とかになると大根と里芋に青のり、かつお會變成拳頭。有趣的是,我們並不總是在可以釣到魚的地方使用魚,而我們更重視使用蘿蔔和芋頭等根來“腳踏實地”。.. "

Zoni Co., Ltd. 代表、Zoni 研究員 Hiroko Kasuya

我在神奈川縣長大,但我的 ozoni 不含綠紫菜或乾鰹魚片。對我來說,“普通”即使在同一個縣內,經過很短的距離也變成了“普通”。

例如,即使是一種形狀的麻糬也能揭示出各種故事。我也在電視上看到麻糬的形狀是圓形或方形,以關原為界。關原是各種飲食文化的一個分支,一般說關原的東部使用角餅,西部使用丸餅。這是因為江戶幕府誕生了,隨著江戶人口的增加,年糕的大量生產成為必要,所以主流的生產方法是把粘上的年糕拉伸一下,然後把它們全部切開。

然而,在鹿兒島的一些地區,使用角持。據說,久居江戶的島津先生將角持帶回了鹿兒島。各種歷史與當地文化相融合,創造出該地區獨有、家庭獨有的 ozoni。

茨城縣“Hitachiota Zoni”

即使在一個地區有這樣的差異,在其他地區也很少有機會吃到ozoni。感覺很浪費。對我來說,ozoni是我在元旦在家吃的東西,其他時間我只有很少的機會吃它。這就是為什麼每個人都認為他們的 ozoni 是“普通的”和普通的。
所以我問霞先生,“你有機會在新年以外煮奧佐尼吃嗎?”

“我認為朝倉市的‘蒸粽子’是一個很好的示範案例,事實上,在觀光協會的幫助下,該地區全年約有10家商店供應蒸粽子。它正在成為當地的特產。那麼,到過這片土地的人,就能知道這片土地背後的文化。我認為它是如此獨特,因為它是家常菜。不是在廚師的文化中,而是在家裡一個封閉的地方。這就是為什麼我認為舊的仍然存在。我希望當我像這樣在全國旅行時能吃到它。 "

福岡縣“朝倉蒸粽子”

外國遊客不知道(ozoni)的存在,因為餐館不提供。我想讓這樣的外國人可以吃到它。通過 Kasuya 先生的 ozoni,傳達了促進和保護日本文化的願望。

Kasuya 先生帶著愉快的笑容談到了他未來的活動。

“從今年開始,我在考慮從事美食教育或者交朋友。與其自己做“南帕奶奶”,當地人自己可以聽當地奶奶的話。我想創造一個這樣的有趣機制。”

為什麼在這個地區可以吃到這樣的ozoni?這個故事經常為 90 歲以上的祖母所知,他們在氣體傳播之前就已經了解了這種文化。一個人不能詳細走遍全國。因此,與當地人合作,了解有關 ozoni 飲食文化的知識和信息他談到了將新聞傳遞給下一代的願望。

Kasuya先生參與策劃的“Ichiban Zoni Festival”非常成功,當我到達時,六種類型中的兩種已經售罄。

排隊:
①北海道“雞湯ozoni”
②新潟縣“Shibata Zoni”
③ 茨城縣“常住太田帶”
④ 奈良縣“Kinako Zoni”
⑤廣島縣“牡蠣Zoni”
⑥福岡縣“朝倉蒸粽子”

麻糬的味道、湯料、配料、形狀和硬度都不一樣,都很好吃。正如Kasuya先生所說,如果您可以在您的旅行目的地享用ozoni,您將擁有更多的旅行樂趣。

如果有“2nd”,我肯定想再次訪問。

一邊用奧佐尼揉著腫脹的肚子,回家後,我決定在家裡向祖母詢問奧佐尼的食譜。