Loading...

MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
Double Planet 第11話
音楽 演劇・ダンス
2020.11.18

雙星第11集

(本網頁內容是利用Google自動翻譯服務製作,無法保證翻譯結果完全正確。請以此為前提後再行使用。)

雙行星
第11話“請不要冷靜”
青野悟(Furutajun & Yota Kanda / Radio Shonan Personality)

“如果你能陪我在這裡等到晚上”

田丸先生的一句話,將我的弱點全都壓倒了。也許你正在腦中閱讀。我沒有錢,我為自己感到難過,因為我想吃晚飯回家。也許我必鬚麵對田丸先生。除非你正確面對它,否則你不能告訴我“天空和謎題”嗎?輪到我回答了。

“嗯,我是打算這麼做的。”

我裝好了。他說他打算從頭留到晚上。田丸先生一聽,“哦”了一聲,止住了笑聲。我覺得我又在腦子裡讀書了。

“等著今晚天上的星星出現吧。”

田丸先生抬頭看著微亮的天空說道。首先,夜晚的定義是什麼?晚上幾點開始,晚上幾點結束?星星什麼時候出來?裡面充滿了我不明白的東西。如果你拿出你的智能手機在網上查一下,你可能會發現一些似乎是正確答案的東西。但直到今晚,我才覺得正確的答案沒有多大意義。

與田丸先生一起等待星星出現在這裡。
可能唯一的答案就在那裡。
我和田丸先生一起看海,靜靜地聽著海浪的聲音。
海風無情地吹著,我的身體開始發冷。
如果發生這種情況,我想我應該帶上我的夾克..
然而,當我登上江之電時,我無法想像會發生什麼。
現在我別無選擇,只能積極接受這種寒冷和情況。

忽然,我的額頭上傳來一股詭異的冷意。
那是一滴雨。
從此,開始下雨了。
雨滴融化在海面。

“下雨了?!下雨了……”

小丸子先生站在我身邊,我飄飄然。

“你要回家嗎?”
《艾美庇護所》

塔瑪魯先生帶著斯塔斯塔和沙灘走回了路上。我像我的狗一樣追著田丸先生。

“你要去哪裡?”
“下一站”

鎌倉高中旁邊是七里濱。
顯然,車站附近有一家 7-11。
雨比以前更大了。我們在路上走得很快。
如果雨雲遮住了天空,我可以說天上沒有星星。我一點也不幸運。一聲嘆息即將滲出。

“如果你不喜歡,你可以回家。”

田丸先生再一次讀懂了我的心。

“嗯,我不回家。”

我也沒有輸。我渴望變得堅強。男人是一種強大的生物。
我試圖通過加快步行速度來超越田丸先生。
我對我的童年感到頭暈。
我到底在做什麼?你到底在打什麼?
回想起來,我還是第一次在校外和一個女孩一起走。
你覺得你不想知道這種害羞嗎?
然後,這一次,田丸先生短跑超過了我。

“哦,sa,ki,ni!”

小丸小姐很認真,大概是因為她點燃了什麼東西。也許我和我一樣討厭它。我跑了,超過了田丸先生。

“回頭見!”

田丸先生進一步提高了速度た。こうして、僕らは抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り返しながら(楽しみながら)目的地のセブンイレブンにたどり着いた。

庇の下に入るなり、笑い合った。

びしょ濡れになったけど、走ってきたせいで体から熱を発しているのが分かる。

雨の中を走るのがこんなにも楽しいとは意外な発見だった。

果たして一人で走っても楽しいのだろうか。もしかして田丸さんと走っていたから楽しかったのだろうか。湯気がたちのぼる体の熱が冷めるとどうなるのか、だいたい予想が付いた。

「冷えたら風邪ひいちゃうかも」

田丸さんがその心配を口にした。

僕はそれに抗う一つの方法を思いついた。

「だったら、冷まさなければいいんだ」

「え?」

僕はその場で反復横跳びを始めた。体力測定でやるアレだ。もちろん冗談だった。田丸さんが笑ってくれるんじゃないかと思ったからだ。どうして笑わせたいと思ったのだろう。どうして笑っている顔が見たいと思ったのだろう。けど、田丸さんから笑い声は全く聞こえてこなかった。チラッと顔を見ると、何かを考え込んでいるようだった。

「ごめん。つまらなかった…?」

「ううん。その発想、すごくいいなと思ったの」

笑わせるどころか、なぜか感心されてしまった。

「冷めることを嘆くんじゃなくて、冷まさないことを考えるという発想はすごい」

僕は褒められることに慣れていない。どんなリアクションをすればいいのか分からない。

田丸さんは、何かを見つけたようにどんどん饒舌になっていく。

「つまり、こういうことでもあると思うの。雨雲で空に星が出ないんじゃなくて、星はどこにも行かないしずっと宇宙にあるの。何億光年前から、消えたりなんかしない。だから、私たちは待つの。待ち続ければ、星は必ず見えるの。動き続ければ体の熱が冷めないように」

一見、彼女は堂々としているから分からなかった。でも、雨雲に覆われた空が不安なのは同じだったのだ。僕の愚かな反復横跳びが、彼女の不安を少しでも取り除けたのなら本望だ。

一応、財布の中身を確認してみた。やはり小銭しか入っていない。着替えのためのシャツは買えそうにない。

「買ってくるね」

「えっ」

田丸さんは、そう言い残すと店内に入って行った。またしても心の中を読まれたのかもし我不能。如果她買了一件襯衫然後回來,我該怎麼辦?

像往常一樣,下雨了。
但今晚無論如何我都會一直等到我看到星星。
我是這樣決定的。

田丸先生手裡拿著兩罐玉米湯回來了。

“我給你一個”
“誒,沒事吧?”

我用右手接過放在我面前的罐子。
那一刻,一罐玉米湯產生的熱量讓我的手被咬到了。
熱潮席捲全身,慢慢地溫暖著我的心。

這熱病的一部分,可能是前段時間一直忍著的田丸先生的熱病。

那天晚上,我們看到了星星。

“未完待續”

* 你可以在這裡看到後面的數字。