コンテンツにスキップ
清閑亭(旧・黒田長成別邸)

清閑亭(旧・黒田長成別邸)

清閑亭は、明治時代に活躍した黒田長成(ながしげ)侯爵の別邸として、1906年(明治39年)に神奈川県足柄下郡小田原町(現・小田原市南町)に建てられました。旧小田原城三の丸外郭土塁の南向き傾斜地に位置しており、晴れた日は母屋から真鶴半島や大島を望む相模湾や箱根山を一望できます。建物は、格式ばらない数寄屋(すきや)風の造りで、平屋と二階家が連なっています。建物内には板絵襖や網代組天井など優れた意匠も見ることができます。

2005年、清閑亭は国の登録有形文化財となりました。また、現在は小田原市の施設として、2010年より一般公開されています。

庭園や相模湾を眺めながら、コーヒーや抹茶を楽しめるカフェも併設。四季折々に合わせた企画展やコンサートなどのイベントも不定期に開催しています。

詳細情報

営業時間
  • 11:00〜16:00【休館日】毎週火曜日、年末年始(ほかに臨時休館あり)
アクセス
神奈川県小田原市南町1-5-73
駐車場
クレジットカード
  • 不可
平均利用額
  • 入場無料
URL

関連記事

近所のアート場所

  • 小田原三の丸ホール

    小田原三の丸ホール

    小田原市
  • 箱根駅伝ミュージアム

    箱根駅伝ミュージアム

    箱根町
  • 箱根ジオミュージアム

    箱根ジオミュージアム

    箱根町