Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
夏だからこそ楽しみたい! 子どもと一緒に行ける、かながわ音楽イベント7選 【 前編 】
音楽
2016.07.29

夏だからこそ楽しみたい! 子どもと一緒に行ける、かながわ音楽イベント7選 【 前編 】

 8月6日(土) オルガン夏休み子どもスペシャル

(C)Hiroshi Togo_PipeOrgan小ホールの舞台正面にあるパイプオルガン。 撮影:Hiroshi Togo

神奈川県民ホールでは、「オルガン 夏休み子どもスペシャル」と題したオルガン・コンサートが開催されます。パイプに空気を送りながら音を出すパイプオルガンは、“一台で奏でるオーケストラ”といわれるほど、多彩な音色が最大の魅力。
この神奈川県民ホールのパイプオルガンは、国内の公立ホールの中でもっとも歴史があるそうです。設置されたのはなんと1975年! それからメンテナンスと改良を重ね、力強く響く豊かな音色で、訪れた人々を魅了しています。

02_KeikoNakataオルガニスト中田恵子さんが、その豊かな響きを聴かせてくれます。

今回のコンサートで演奏するのは、国際オルガンコンクールでの優勝経験を持つオルガニスト中田恵子さん。軽やかに伸びる、そして壮大に響くオルガンの音色を十分に楽しむことができます。

コンサートのあとは体験コーナーも。オルガンの仕組みがわかる模型の展示や、ステージに上がってオルガンの音を出せる体験(中学生以下対象)など、オルガンの魅力がわかるプログラムが用意されています。

03_CRW_7794-2空気の振動で音が出るパイプオルガン。

オルガンの鍵盤を押してみるとパイプに空気が流れ、その振動によって音が出ることがわかります。めったにできない貴重な体験は、夏の思い出になりますね!

04_オルガンのパイプを吹く_IMG_8122-2前回の体験コーナーの様子。オルガンのパイプを吹くこともできます。

場所:神奈川県民ホール 小ホール(みなとみらい線日本大通り駅3番出口から徒歩約8分、JR・横浜市営地下鉄関内駅から徒歩約15分)
住所:神奈川県横浜市中区山下町3-1
電話:チケットかながわ 0570-015-415(10時~18時)
公演日時: 2016年8月6日(土) 14:00開演 (13:30開場)
 
チケット料金:全席指定 800円(親子チケット1,500円)
詳しくはこちら→http://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=34378

※注意:オルガン体験は1人あたり少しずつ。一曲演奏できるわけではありませんのでご了承ください。

 8月6日(土)屋上庭園コンサート
 インドネシア、バリ島の影絵人形芝居ワヤン
 ミルクの海の竜引き合戦~乳海攪拌(にゅうかいかくはん)~

みなとみらい駅から直結の横浜みなとみらいホールでは、インドネシアのバリ島に古くから伝わる「影絵人形芝居 ワヤン」が今年も行われます。

05_ワヤン写真牛皮を精巧に彫刻した人形が演じる伝統芸能「ワヤン」。

ダランと呼ばれる人形使いが独特のガムラン音楽に合わせて人形を操り、古代叙事詩「マハーバーラタ」の一節を語るこの人形芝居は、毎年参加するファミリーもいるほど隠れた人気のプログラム。おもしろいのは、その会場です。

06_イラスト「バリ・ワヤン公演-2-1裏側のダラン(人形使い)の動きに、毎回子どもたちは興味しんしん!

人形芝居が行われるのはホールの上部にある屋上庭園。夕暮れの風がなんとも心地よいオープンスペースで、飲食自由・席も自由。
正面から芝居に没頭したり、裏に回って人形を操っているダランを見に行ったり、椅子から降りて芝生に座ったり。思い思いの自由なスタイルでリラックスしながら見ることができるワヤン。

07_ワヤンあらゆる物語と知識に精通するダランは、バリ島で敬われる存在だそう。

前回の参加者からは「おもしろかった!もう一回行きたい」「かしこまった感じがなくて夏の公演にぴったり」「まるでバリに来たようでした。違う文化圏の観劇を体験できたことがとても嬉しい」などの声が寄せられています。

08_IMG_1007屋外とはいえ左右に壁があるので音が聴きやすく、集中して楽しめる。

今年のワヤンの演目は「乳海攪拌(にゅうかいかくはん)」。海深く眠る「不死の聖水アムリタ」を巡り、神々と魔物が争うワクワクハラハラの物語です。巨大な山に巻きつく竜を引っ張り合い、ミルクの海をかき回し、聖水アムリタを手にするのは果たしてどちらになるのでしょうか!?

場所:横浜みなとみらいホール 屋上庭園 (雨天の場合は小ホール)
(みなとみらい線みなとみらい駅 徒歩約3分)
住所:横浜市西区みなとみらい2-3-6
電話:横浜みなとみらいホールチケットセンター 045-682-2000
公演日時: 2016年8月6日(土) 18:30開演 (18:00開場、20:30終演予定)
 
チケット料金:全席自由 3歳〜小学生500円、中高生1,000円、大学生以上2,000円 ※3歳以下は無料

詳しくは→http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2016/04/post-217.php

 8月9日(火)ピカチュウと消防音楽隊のコラボレーション

「ピカチュウ大量発生チュウ!~今度はぬれるんだって???~」が今年も横浜みなとみらいエリアで開催されます。 開催期間:8月7日(日)~14日(日)
子どもから大人まで大人気のピカチュウが、期間中延べ1,000匹、街のいたるところに現れ、さまざまなショーや大行進、いろんなパフォーマンスを繰り広げます。

2015_C

そして、夏の子どもたちと言えば、水遊び!
8月9日(火)からは、横浜赤レンガ倉庫で「ずぶぬれスプラッシュショー」がはじまります。

poke_KV_0708_copyright_low

ウォーターキャノンから発射される大量の水と、ピカチュウのパフォーマンス。想像するだけで、子どもたちの弾ける笑顔が目に浮かびますね!

詳しくは→http://www.pokemon.co.jp/ex/splash_pikachu/

8月9日(火)12時からは、横浜市消防音楽隊の演奏パフォーマンスがあるので、ぜひ演奏も一緒に楽しんでみて。

隊列写真(冬演奏服)

場所:横浜赤レンガ倉庫イベント 広場
住所:横浜市中区新港1-1
演奏日時:8月9日12時~
料金:無料

 8月13日(土) 三ツ橋敬子の「新☆夏休みオーケストラ!」みんなでワクワク編

公共施設としては日本で初めて音楽専用ホールとして開館した神奈川県立音楽堂。開館当時は「東洋一の響き」と絶賛されたこのホールの音響は、今でも国内外から評価されています。そんな本格的な音楽ホールで、子どものためのオーケストラ・コンサートが開催されます。

12_舞台の上にのってみよう!(c)青柳聡_DSC0217舞台の上でオーケストラを聴くことができます。その迫力を体で感じられそう。(撮影:青柳聡)

この「子どものための体験型コンサート」の企画は今年で6回目。出演は、2009年Newsweek Japan誌にて「世界が尊敬する日本人100人」に選出された指揮者・三ツ橋敬子さんをはじめ、横坂源さん(チェロ)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団といった世界で活躍している豪華メンバーです。

13_三ツ橋敬子4(C)大杉隼平指揮者の三ツ橋敬子さんが楽しいトークを交えながら聴きどころを紹介してくれます。(撮影:大杉隼平)

「オーケストラはあまり馴染みがない」というご家族でも、三ツ橋さんが聴きどころを楽しく紹介してくれるので安心して楽しめます。

舞台へ上がり楽器のすぐそばで音楽を聴けたり、実際にオーケストラの楽器を体験できるコーナーがあったり、終演後は出演者と交流ができたりと多彩なコーナーももりだくさん! 五感をフルに使う音楽体験に、子どもたちの目はキラキラ。

14_楽器体験(C)青柳聡昨年の楽器体験の様子。初めて触る楽器でも親切に教えてくれます。(撮影:青柳聡)

15_楽器体験(c)青柳聡昨年の楽器体験の様子。(撮影:青柳聡)

もともとクラシック音楽や楽器に興味のあるお子さんはもちろん、今までオーケストラのコンサートに行ったことのないご家族も、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。

場所:神奈川県立音楽堂 (JR・横浜市営地下鉄 桜木町駅から徒歩約10分)
住所:神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘9-2
電話:チケットかながわ 0570-015-415(10時~18時)
公演日時: 2016年8月13日(土) 15:00開演 (14:30開場)
 
チケット料金:全席指定 小学生1,000円、中高生1,500円、一般3,500円

詳しくは→http://www.kanagawa-ongakudo.com/detail?id=34262

 8月14日(日)ハマのJACK 夏公演 2016 ファミリー室内楽コンサート「ロシア」

横浜を中心に活躍する「ハマのJACK」。NHK交響楽団ヴァイオリン奏者の三又治彦さんらが仲間と立ち上げた、子どもや障がい者のためにコンサートを開くなどの活動を続けているNPO法人です。

16_sqs-12592013年のハマのJACKコンサートの様子。

今回、横浜みなとみらいホールで開催される「夏公演 2016 ファミリー室内楽コンサート『ロシア』」は、きっとどこかで聴いたことのあるロシアの名曲を演奏します。
前半は、この日に使われる楽器のソロの曲。チェロやヴァイオリン、ヴィオラなどのそれぞれのシンプルな音色の響きを、美しい調べとともに楽しめます。
後半は、有名な「くるみ割り人形」が声優・村山香月さんの朗読とともに奏でられます。

17_sqs-1388終演後の楽器体験。きちんと教えてもらえるので、しっかり音が出せる子どもが多いそう。

クリスマスプレゼントに贈られたくるみ割り人形が夜中に動き出して自分を守ってくれる、夢が広がるこの物語。少しコミカルだったりハラハラしたり楽しい曲が多く、小さいお子さんでもわかりやすい魅力的な演目です。
コンサート終了後には楽器体験もできるそうなので、ぜひ実際に触って音を確かめてみてくださいね。

場所:横浜みなとみらいホール 小ホール (みなとみらい線みなとみらい駅 徒歩約3分)
住所:横浜市西区みなとみらい2-3-6
電話:横浜みなとみらいホールチケットセンター 045-682-2000(10:00〜18:00)
公演日時: 2016年8月14日(土) 14:00開演 (13:30開場、15:45終演予定)
チケット料金:全席自由 3歳〜大学生500円、一般2,000円

詳しくは→http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2016/08/-83jack2014.php

.

さらに、9月に入っても神奈川県での音楽イベントは盛りだくさんです!
後編はこちらから⇒ 夏だからこそ楽しみたい! 子どもと一緒に行ける、かながわ音楽イベント7選 【 後編 】

関連記事