Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 「古典派×武満徹」公演レポート
2013.07.17

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 「古典派×武満徹」公演レポート

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 音楽堂シリーズ2013

武満徹と古典派の名曲 ~新進指揮者と神奈川フィルの名手たち~

2013.7.6(土) 神奈川県立音楽堂

今回のマグカルさん:齋藤可奈子
 

2013年度音楽堂シリーズチラシ校了2
 

7/6日「武満徹と古典派の名曲」を聴きに横浜の音楽堂へ行って来ました!

桜木町から今回の為にバスが出ていたのですが、今回はみなとみらいから徒歩で音楽堂へ行きました。音楽堂へは看板が設置されていたので、迷わずお散歩を楽し

みながら到着(^^)v
 
[caption id="attachment_3111" align="alignleft" width="500"]神奈川県立音楽堂 外観 神奈川県立音楽堂 外観[/caption]
 
音楽堂の黄色い門を潜ると、たくさんの人が!しかし窮屈な感じではなかったです。

奥へ進むと天井が高く、高い窓から柔らかい光が差し込んでおり、のんびりと午後の開演を待つ心地よい空間になっていました。音楽堂のホームページを参照した

ところ、ホールの壁面は木で作られており、音色が美しく響くようです。音楽を聴くには最高の環境ということで、これにはわくわくしてきました。

席は正面ではなく二列目の端よりだったのですが、指揮・金聖響氏の表情と息づかいが感じられる素晴らしい席でした!
 
[caption id="attachment_3106" align="alignleft" width="1000"](c)青柳聡 (c)青柳聡[/caption]
 
ベートーヴェンでは、難聴に苦悩する彼の姿が金氏の鬼気迫る表情とフィーリングし、観客にも油断を許さないような演奏にどんどん呑まれました。

ブラボー!と拍手喝采の嵐です。

私は楽器について全くの無知なのですが、今回倉田さんのトロンボーンを聴いて、のびやかで力強い音色から消えるような優しい低音まで、トロンボーンの表情

豊かな面を知れた気がします。短い時間で奥深くまで知れた気分。
 
[caption id="attachment_3109" align="alignleft" width="500"](c)青柳聡 (c)青柳聡[/caption]
 
倉田さんは演奏中、手やカップを使って音色を変えており、パフォーマンスのようで面白いと思っていたのですが、演奏後に直接お話を伺える機会があり

「ミュート」という技法であることを教えていただきました。近くでぐぐっと見る倉田さんは、目が輝いていて笑顔が素敵な方でした・・

さらに、アンコールの「小さな空」では会場に響いたのは倉田さんのトロンボーンではなく、なんと歌声!これにはびっくりしました。過去を懐かしむ心のこもっ

た歌声がホールを包み込み、隣のおばあさまと一緒にうるうるしてしまいました・・

休憩時には今回の為の売店が開かれており、人の波です。これだけの人が静かに一つの音楽を聴いているって不思議だな~と思いつつ、私はレモンティークッキー

を購入しました!音楽を聴いた後に美味しいお菓子が食べられて至福の一時です*^^*
 
kyukei_cookie

 
他にもアクセサリや、神奈川フィルのグッズやCDが販売されていました。
 
product_resize

 
あっという間に演奏も終わってしまい、電車に乗って帰り、数日経った今もじんわりと記憶がよみがえります。

音楽堂で過ごした時間はとても贅沢なものになりました。音楽を聴いた後は心が安らぎ、不思議とエネルギーが湧いてきます。

雲一つない空を眺めつつ、昔も今も関係なく心を癒し豊かにさせる音楽という文化を、大切にしたいと思いました。
 
butai_resize
 
 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
齋藤可奈子プロフィール

2011年東京造形大学造形学部絵画科入学。広域学科を専攻し、森弘治に学ぶ。

現在は映像とパフォーマンスを使い、感情、時間や夢等実在しないものをアート

に落としこむため制作中。埼玉県出身。階段部。
 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
saitokanako

関連記事