MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
演劇・ダンス
2018.05.22

築50年のビルを再生した「若葉町ウォーフ」開館1周年公演!

 

ホワイトボックスに戯れる舞人と影。高内壮介、峠三吉、金子光晴のテキスト、古賀政男、ブルーハーツが交錯する躍動、哀愁、諧謔のダンス。大岡川のほとり、伊勢佐木モールの並び、横浜若葉町に昨年誕生した「若葉町ウォーフ」開館1周年を記念した公演&関連イベントが、6月の始まりを飾ります。

 

 

 

若葉町ウォーフ開館1周年記念
『影と影との影』
[日時]6月1日(金)19:00〜、2日(土)・3日(日)各日16:00〜(開場は開演の30分前)
[会場]若葉町ウォーフ
[構成・振付]竹屋啓子
[出演]ダンス01
[料金]一般¥3,500、当日¥4,000、学生¥2,500
[チケット販売]予約はこちらから
[TEL]045-315-6025(若葉町ウォーフ)
[MAIL]info@wharf.site

 

同時開催「ぶらり、アート旅。」もチェック!!
『影と影との影』、公演鑑賞とあわせて。一日ゆっくり横浜と若葉町ウォーフをお楽しみください。
「ぶらり、アート旅。」
➀『影と影との影』鑑賞
➁ウォーフINN(ドミトリー)一泊
➂朝ヨガワークショップ(講師:ダンス01)
➃アーティストトーク
[料金]一般¥5,000、学生¥4,000(公演チケット、宿泊費、朝ヨガ、アーティストトークを含む)
[TEL]045-315-6025(若葉町ウォーフ)
[MAIL]info@wharf.site

    横浜の下町、若葉町。伊勢佐木通りとなり、大岡川のほとり、ここは越境者のための〈波止場〉です。昭和の風情を残す築50年のビル、その役目を終えてひっそりと町の歴史を物語るビルを再生。“宿は宿だけではつまらない”、“スタジオはスタジオだけではつまらない”、“劇場は劇場だけではつまらない”…そんな思いから、

     

    宿のある劇場
    劇場のあるスタジオ
    スタジオのある宿

     

    として2017年に誕生した芸術施設です。劇場、スタジオはもちろん、誰でも利用できる宿泊施設も備えています。

    • 住所
      神奈川県横浜市中区若葉町3-47-1
    • 電話
      045-315-6025
    • URL

    Map

関連記事