JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
演劇・ダンス
【チケットプレゼント】この夏を舞台にかける!
2018.08.01

青少年のための芝居塾2018公演
『万! 万! 歳!』公演前特集!!
〜チケットプレゼントもあります!〜

 

12年目を迎える「青少年のための芝居塾」。広く一般から募った青少年(高校生から29歳まで)と神奈川県演劇連盟の担当劇団が、キャストだけでなく舞台美術や照明、大道具・小道具、制作にいたるまで、共に芝居づくりに挑戦します。
これは、演劇を通して青少年の育成に寄与する、県と県演劇連盟の共同事業です。
今年は14名がオーディションを突破し、指導にあたるスタジオソルトとともに、芝居から道具作り、衣装、宣伝まで、丸ごと一つの舞台を作り上げることに挑戦しています。
芝居塾の応募条件は高校生から29歳までと幅広いため、毎年、年齢も経歴も様々な参加者が集まります。子どもの頃から舞台経験を積んできた人もいれば、まったく経験のない人も。そんな中、今年はあえて芝居の基礎訓練に力を入れたそうです。その成果発表ともいえる8月の公演では、昨年好評だった『万! 万! 歳!』改訂版を上演します。


~「万! 万! 歳!」とは~

特別養護老人ホーム「ふるさと」を舞台に、入居老人や介護職員達の想いを歌、ダンス、リズムアンサンブルなどの身体表現を織り交ぜて描いた音楽劇です。
昨年度マグカル劇場で上演し好評をいただいた本作品を、新たな塾生に向けて
脚本を改訂し、「万! 万! 歳! -2018ver.-」として上演します。

本番を約1カ月後に控えたある日。時には涙を浮かべながらの厳しい練習を乗り越えてきた塾生たちに、本番にかける思いを聞きました!

林イン さん
将来は声優になりたいと思っているので、経験を積むために参加しました。お芝居は初めてですが、とても楽しいです。いつも「声が小さい」と言われるので、本番ではお客様の心までしっかりと、私の声を届けたいと思っています。

林奈津子 さん
3年ほど前に芝居塾の公演を観て、演劇に興味を持ちました。芝居塾には初参加ですが、歌やダンスにも取り組めるので充実しています。お客様に楽しんでいただき、そして私自身も楽しめる舞台を目指して、頑張ります。

清水大 さん
スタジオソルトの浅生さんの芝居が好きで、一緒にやってみたいと思って参加しました。これまでも演劇に関わってきましたが、芝居塾では自分が知らなかった世界に目が開かれ、発見の連続です。本番では、僕らの熱さがお客様に伝わり、劇場全体で盛り上がれたらいいな、と思っています。

山中彩佳 さん
ミュージカルをやってきたのですが、私は演技が苦手なので、その部分を磨きたいと思って参加しました。なので、演技の基礎の基礎を学べたことがいい経験になりました。
今回は参加人数が少ないようですが、最高の舞台を観せたいと思っています。

河合咲季 さん
芝居塾には3回目の参加です。スタジオソルトの椎名さんが、心の芯に刺さる脚本を書いてくださるので、みんなもそれに応えようとするし、自分も頑張れます。ものすごく努力して、絶対にいいものをみせるので、ぜひ観に来てください!

川野瑞月 さん
子どもの頃から劇団に所属していました。芝居塾は初参加ですが、これまでとは違うメソッドを学べるし、同年代と一緒にお芝居ができることが楽しいですね。
自分ときちんと向き合って感情表現ができること。それが今回の目標です。

山崎悠介 さん
演劇の楽しさに目覚めたのは、小学校4年生の学芸会だったらしいです。僕は覚えていないのですが(笑)。中学に入り、部活に専念するために演劇から離れていましたが、やっぱりもう一度やってみたいと思い、芝居塾に参加しました。
ちょっぴり大人になった分、自分なりに考え、台本をしっかり読み込んでいます。僕らのリズムをお客様の鼓膜の奥まで響かせ、「楽しかった」と思っていただける舞台にしたいです。

畑中樹里也 さん
芝居塾は3年連続参加です。ひと夏丸ごとかけることになるので、今年はお休みしようと思ったのですが、浅生さんに「今年はワークショップがすごいよ」と誘われまして(笑)。でもその言葉にウソはありませんでした。きっとみんなの表現の仕方も変わると思うので、昨年以上のインパクトを出したいと思っています。この夏、このメンバーで、観に来てくださった方をものすごく感動させる作品を作ります!

 

《プロダクション ノート》
芝居塾の指導にあたっているのは、横浜を拠点に活動する「スタジオソルト」です。普段はストレートプレイの作品を手がけていますが、芝居塾では歌やダンスも取り入れるため、自分たちにとっても学ぶことの多い取り組みだとか。
主催の浅生礼史さん、脚本・演出の椎名泉水さんにお話を伺いました。

浅生 芝居塾を担当して今年で3年目ですが、僕らの劇団とは違うスタイルの作品を作っています。そのため「教えてあげる」という意識はどこにもなくて、毎回「みんなで一緒に作りあげていく」というスタンスで臨んでいます。
椎名 今回は、昨年演った『万! 万! 歳!』の改訂版を上演します。10〜20代の若者が老けメイクをせずに90代の老人役を演じる、というコンセプトや基本的な物語は同じですが、出演する顔ぶれも人数も違うので、全く違った作品になるかもしれません。
浅生 今年は外部から講師を招き、発声などの基礎訓練にも力を入れ、エチュード(即興劇)にも取り組みました。苦しい思いもしたと思いますが、その成果は舞台に出るはずです。
椎名 作品のコピーにもありますが「いま この瞬間 かけがえのない」は、作品のテーマであると同時に、芝居塾の塾生についても言えることです。うまい役者や大人になってからはできないことを、今だけの一瞬のきらめきを、彼らのこの瞬間の輝きを、見逃さないでください。

 

青少年のための芝居塾2018公演
『万! 万! 歳!』

[日時]8月25日(土)13:30/18:30 26日(日)13: 30
[会場]神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホール
[料金]一般¥2,800、22歳以下・大学生¥1,500、高校生以下¥1,000

[問合せ]青少年センターホール運営課 TEL.045-263-4475
seishonen.c.kikaku@pref.kanagawa.jp

***********************************

【応募概要】
マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント「@MAGCUL」をフォロー&リツイートで、8月25日(土)(13:30の回)に神奈川県立青少年センターで上演される「万! 万! 歳!」の観覧チケットを、2組4名様にプレゼントいたします。

【応募方法】
1. マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント「@MAGCUL」をフォローしてください。
2. 公式Twitterアカウントから下記応募期間中に投稿される「#万万歳2018」がついたチケットプレゼント応募用の投稿をリツイートしてください。上記で応募は完了となります。

【応募期限】
8月17日(金)2400 まで
※上記期限までにされたリツイートが応募対象です。

【抽選・当選発表】
ご当選者にはマグカル・ドット・ネット公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにてキャンペーン期間後に当選連絡をいたします。
当選発表は、ダイレクトメッセージの当選連絡をもって代えさせていただきます。その際にお申込者のお名前・ご連絡先を確認させていただきますので、ダイレクトメッセージにそのまま返信してください。
当日〈8/25(土)〉、会場となる「神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホール」窓口にてお申込者のお名前と「マグカル・ドット・ネットのプレゼントに当選した」旨をお伝えください。スタッフよりチケットをお渡しいたします。
※ご本人確認のため、その場でスマホの当選連絡のダイレクトメッセージをご提示いただく場合がございます。(スマホをお持ちでない方はダイレクトメッセージをプリントアウトしてご提示ください)
※いただいた個人情報は抽選以外の目的には一切使用いたしません。

【応募資格・条件】
●有効なe-mailアドレスをお持ちの方。
●マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント、「@MAGCUL」をフォローしていること。
※当選発表前にフォローを解除した場合、応募・当選は無効となります。
●公式Twitterアカウントから投稿される応募用のツイートを応募期間内にリツイートすること。
※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態で参加ください。アカウントが非公開の場合は参加とみなされません。
※ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、参加とみなされません。
※引用リツイートでは参加とみなされません。リツイートにてご参加ください。
●プロフィール、ユーザー名、自己紹介、アイコンなどを設定していないアカウントでは、Twitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。
●頻繁にアクション(ツイート、リツイート、いいね、返信など)を行っていないアカウントでは、Twitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。
●Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウントでは、Twitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。