JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
演劇・ダンス
【チケットプレゼントあり】ニヤッと笑える大人のラブ・コメディ
2018.09.07

文化芸術人材の育成を目的に、演劇、ダンス、音楽など舞台芸術に関することを自由に発表・発信できる場を提供する、マグカルシアター。いよいよ今シーズンの後半プログラムがスタートします。
今回ご紹介するのは、“ワタリダロケットとミユキーズ”プロデュース公演『うれてるものにごあいさつ』。主催者の1人であるミユキーズの岡本みゆきさんに、9月21日(金)開幕の舞台にかける意気込みなどを伺いました。

“ワタリダロケットとミユキーズ”とは、どんなユニットですか?

所属している神奈川県演劇連盟の中で、北村想の『寿歌』を上演したい別の劇団のメンバーが集まって “緑慎一郎とミユキーズ”というユニットを立ち上げたのが発端でした。登場人物が3人しかいないので、当時所属していた劇団では上演しにくかったのです。その後2回公演を行い、さて次に何をしたいかと考えたところで、“ワタリダロケット”という個人ユニットで活動してきた織田裕之と「一緒に演ってみようか」という話になりました。織田は私の夫であり、かつては同じ劇団に所属していたのですが、そこを辞めてからはお互い別々に活動してきたので、久しぶりの共演になります。

上演作品『うれてるものにごあいさつ』は初めてのオリジナル脚本だと伺っています。

そうですね。基本的に“ミユキーズ”は、私が演ってみたい脚本を上演するためのユニットです。私が制作を務め、好きな脚本を選び、好きな役者さんに声をかけ、演出家に依頼するスタイルで上演してきました。
でも今回は“劇団スクランブル”の坪井俊樹さんに脚本を依頼しました。昨年末くらいに「来年は“ワタリダロケットとミユキーズ”で演ろうか」と話していたら「だったら僕が書きます」と言ってくださったことがきっかけです。私は坪井さんの作品が好きで、出演したこともあったので、その場で今回の公演が決まったようなものでした。

どんな作品になりそうですか?

まず私がメンバーを集め、坪井さんには役者に合わせて脚本を書いてもらいました。ポイントは、シュールになり過ぎないこと、人が死なないことの2つくらいで、あとは全てお任せ。私はもともと「分かりやすい」作品が好きなのですが、坪井さんはコメディタッチの作品を書く方なので、今回も面白い話になりそうです。
出演する5人も、織田以外は初共演の方ばかりなので新鮮ですね。舞台の上でどんな化学反応が起こるか、楽しみにしています。

ご覧になる方にメッセージをお願いします。

いわゆるメッセージ性のある芝居ではないので、日頃演劇をあまり観ない方、初めて劇場に足を運ぶ方にも「面白い」と思ってもらえる舞台です。終演後に「よくわからなかった」ということは絶対にありません(笑)。上演スケジュールも金曜夜8時開演の回を設けたので、平日は東京方面で働いている方や、土日がお仕事という方でも大丈夫です。
仕事でちょっと嫌なことがあったとしても、舞台を見たら元気になれると思うので、ぜひお越しください!

 


《プロダクションノート》

作・演出を手がけるのは、劇団スクランブルを主宰する坪井俊樹さん。これまで自分の劇団のために作品を書き下ろしてきたので、他ユニットに作品を提供するのは今回が初めて。いつもと違うメンバーで作品を作り上げることに面白さを感じているそうです。

「出演者はほとんどが自分より年上なので“高齢者のラブ・コメディ”をテーマに書き下ろしました。大の大人が必死に恋愛をしている姿って、見苦しくて面白いと思いませんか(笑)。 家族関係や病気、死などはどこでも取り上げるテーマなので、それらは一切抜きにして、ある意味“何も起こらない”芝居を目指しました。なので、何も持ち帰っていただくものはありませんが、単純に『面白かったぁ〜』と言って帰っていただけると思います」

 

ワタリダロケットとミユキーズ プロデュース公演vol.1
「うれてるものにごあいさつ」

[日時]9月21日(金)20:00/22日(土)14:00/19:00/23日(日)14:00
[会場]神奈川県立青少年センター HIKARI(多目的プラザ)
[作・演出]坪井俊樹(劇団スクランブル)

[出演]岡本みゆき、織田裕之、コヤマアキヒロ、環ゆら、丹羽亜友美(ショーGEKI)
[料金]前売¥2,500、当日¥3,000、高校生以下¥1,000
[問合せ]TEL.090-7196-7017  E-mail:miyukie_s@yahoo.co.jp

Blog:https://ameblo.jp/watarida-miyukies

 

***********************************

【応募概要】
マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント「@MAGCUL」をフォロー&リツイートで、9月22日(土)14:00に神奈川県立青少年センターで上演される演劇「うれてるものにごあいさつ」の観覧チケットを、2組4名様にプレゼントいたします。

【応募方法】
1. マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント「@MAGCUL」をフォローしてください。
2. 公式Twitterアカウントから下記応募期間中に投稿される「#うれもの2018」がついたチケットプレゼント応募用の投稿をリツイートしてください。上記で応募は完了となります。

【応募期間】
本記事公開から9月14日(金)24:00
※上記期間内にされたリツイートが応募対象です。

【抽選・当選発表】
ご当選者にはマグカル・ドット・ネット公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにてキャンペーン期間後に当選連絡をいたします。
当選発表は、ダイレクトメッセージの当選連絡をもって代えさせていただきます。その際にお申込者のお名前・ご連絡先を確認させていただきますので、ダイレクトメッセージにそのまま返信してください。
当日〈9/22(土)14:00の回〉、会場となる「神奈川県立青少年センター HIKARI」窓口にてお申込者のお名前と「マグカル・ドット・ネットのプレゼントに当選した」旨をお伝えください。スタッフよりチケットをお渡しいたします。
※ダイレクトメッセージ送信後、一定期間返信がない場合は、当選を無効とさせていただきます。
※ご本人確認のため、その場でスマホの当選連絡のダイレクトメッセージをご提示いただく場合がございます。(スマホをお持ちでない方はダイレクトメッセージをプリントアウトしてご提示ください)
※いただいた個人情報は抽選以外の目的には一切使用いたしません。

【応募資格・条件】
●有効なe-mailアドレスをお持ちの方。
●マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント、「@MAGCUL」をフォローしていること。
※当選発表前にフォローを解除した場合、応募・当選は無効となります。
●公式Twitterアカウントから投稿される応募用のツイートを応募期間内にリツイートすること。
※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態で参加ください。アカウントが非公開の場合は参加とみなされません。
※ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、参加とみなされません。
※引用リツイートでは参加とみなされません。リツイートにてご参加ください。
●プロフィール、ユーザー名、自己紹介、アイコンなどを設定していないアカウントではTwitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。
●頻繁にアクション(ツイート、リツイート、いいね、返信など)を行っていないアカウントではTwitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。
●Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウントではTwitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。