Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
話題の『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』に潜入!
映像
2015.12.17

話題の『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』に潜入!

Text & Photo : 井上 明子    2016.12.17 公開

『MADMAX』『007』など、このところシリーズ大作映画の続編上映が相次ぐ中、10年ぶりの最新作『フォースの覚醒』の公開をいよいよ明日に控えた『スター・ウォーズ』シリーズが、かつてない盛り上がりをみせている。監督に『LOST』『M:i:III』のJ.J.エイブラムスを迎え、新たなるヒロイン、新たなる仲間たちによる新しい物語の幕開けとなる今作は、物語の主軸を担う新キャラクターの登場に加え、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)、ルーク(マーク・ハミル)、レイア姫(キャリー・フィッシャー)が『エピソード6 ジェダイの帰還』から32年ぶりに登場するなど、往年のファンをも熱狂させている。

そんな中、これまでの『スター・ウォーズシリーズ』を集大成する展覧会、その名も『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が、そごう横浜店6階 そごう美術館で開催中だ。なんでも、シリーズ生みの親 ジョージ・ルーカスの想いがつまっているというこの展覧会は、映画製作で実際に用いられた衣裳、小道具、アートワークを真近でみることができるほか、スター・ウォーズの原点を紐解く資料の展示、ルーカスが世界中から選りすぐったアーティストによるコンセプトアートなどが渾然一体となった、まさに『スター・ウォーズ』の新しい未来を期待させてくれる展覧会となっている。

また会場のそごう横浜店では、多方面から『スター・ウォーズ』にアプローチした嬉しいおもてなしを取り揃えている。是非、この機会に『スター・ウォーズ』の世界を余すところなく満喫してほしい。

ということで、さっそく会場の様子を、写真でレポート・・・!

話題のスターウォーズ展 フォトレポート

starwars_report01

入り口の扉がまさに開こうとしている瞬間。ワクワクがとまらない……!

starwars_report02

中に入ると真っ暗な空間に巨大スクリーン。はやくもスター・ウォーズの世界に入り込んでしまったかのよう…!

これがスターウォーズの原点だ!

starwars_report03

ジョージ・ルーカスが影響を受けた作家や作品資料など、スター・ウォーズシリーズの原点を紐解く展示がズラリ。

starwars_report04

とにかく日本を愛しているルーカス。会場内の映像資料では、リメイクも検討していたという『隠し砦の三悪人』の黒沢明監督との2ショット姿も。

starwars_report05

ルーカスのイメージを見事に視覚化し、『スター・ウォーズ』の実現に大きく貢献したことでもその功績がたたえられている
ラルフ・マクォーリーのイラストも多数展示!

ジェダイ VS シス フォースの光と闇

starwars_report06

ジェダイとシス、フォースのライトサイドとダークサイドが一つの空間に対照的に展示され、ライトセーバーやジェダイ聖堂のレプリカも観ることのできる空間に!

銀河の暗黒卿 ダース・ベイダー登場!

starwars_report07

中央にダース・ベイダーのコスチュームが配置された空間には、スター・ウォーズの壮大なサーガを語るのにかかせない魅力的な登場人物の肖像画や衣裳などが所狭しと並ぶ。ちなみに、ベイダー卿のコスチュームは、なな、なんと、瞑想室とのセットで…!!

starwars_report08

各キャラクターから着想を得たアーティストによるそれぞれの肖像画も、衣裳とともに展示されている。その中には、ファイナル・ファンタジーシリーズでも知られる天野喜孝さんが描いたダース・ベイダーも!

starwars_report09

ヨーダとオビ=ワンの衣裳と肖像画。他にもメインキャラクターの衣裳が続々お目見え!

スター・ウォーズの戦いの歴史を総観する!

starwars_report10

ミレニアム・ファルコン号レプリカ。その後ろに光っているのはデス・スター!

starwars_report11

戦いには欠かせない、ブラスター銃の展示。

starwars_report12

銀河のクリーチャーたちが大集結!

starwars_report13

銀河系に生息する個性溢れるクリーチャーたちが勢ぞろいしたこちらの空間。

starwars_report14

まずは惑星タトゥイーンから、寝そべるジャバ様がどっしりとお出迎えしてくれる。

starwars_report15

ハン・ソロの相棒チューバッカと、衛生エンドアの先住民イウォーク。憎らしいほどかわいい2大毛むくじゃらキャラの並びには胸キュン必至!

もちろん、シリーズ皆勤賞の R2-D2とC-3POも

starwars_report16

どんな窮地もなぜかほのぼのとした空気に変えてしまう素敵なコンビ。会場では、過去6作品の2人の冒険をダイジェスト振り返る映像も。解説はもちろん、C-3PO(笑)

これが最新作『フォースの覚醒』だ!

starwars_report17
最新作『フォースの覚醒』から、映画に使われた新ドロイドBB-8やストームトルーパー、新悪役カイロ・レンのマスクまでをいち早く展示。これらは横浜展から追加された品々なので未見の方も多いはず。

「未来デパートからの贈り物」ー そごう横浜店のおもてなし

会場のあるそごう横浜店では、スター・ウォーズにちなんだおもてなしがとにかく充実。

そごうで買えるスター・ウォーズ関連商品をチェックしよう!

starwars_report18

横浜店限定プリントのクッキー缶(6階グッズ売り場)

starwars_report19

そごう限定チューバッカは、エピソード5でクラウド・シティから解体されたC-3POを背負って逃走するチューバッカの名シーンを再現!
(6階グッズ売り場、3階シーガル・コート)

starwars_report20

こちら(正面画像の商品)もそごう・西武のみの取扱いとなる、人気ブランド アンリアレイジと吉田ユニによるスター・ウォーズ限定商品。オープニングロールの末広がりなイメージを見事にデザインに落とし込んだアパレルや小物がおしゃれ!(3階シーガル・コート)

starwars_report21

ヒール部分が、チューバッカ、ライトセーバー、ヨーダ、ストームトルーパー、ダース・ベイダーになっているという靴。これさえあれば、外出先でもスター・ウォーズ気分を満喫!(B1階 靴売り場)

starwars_report22

R2-D2 バーチャルキーボード。その名の通り、こんなふうにバーチャルなキーボードが出現!キー操作時にはR2D2の音声が効果音として出る設定。

ほかにも、スター・ウォーズ仕様のこんなおもてなしが・・・

starwars_report23

エレベーターがスター・ウォーズ仕様!みためだけじゃなく音も鳴るので是非乗って確かめてみて。

starwars_report24

この時期ならではのクリスマスツリーもスター・ウォーズ!(3階シーガルコート)

starwars_report25

特設のスター・ウォーズ・カフェでは限定スムージーの販売も!

starwars_report26

スター・ウォーズの世界をテーマに、ルーカスフィルム、ディズニー、ピクサーに所属する世界中のクリエイターが手がけたトルーパー・ヘルメットアートの展示。(5階紳士服売り場内)

その他、魅力的な商品を多数取り揃えたそごう横浜店で『スター・ウォーズ』の世界にどっぷりと漬かってみては?!スター・ウォーズ期間限定ショップや、エレベーターラッピングは12.25(金)、展覧会は1.5(火)までなのでお見逃しなく。

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』は下記の関連イベント一覧を今すぐチェック!!

関連するURL:http://starwars.disney.co.jp/news/20150629_01.html
関連記事