Loading...

MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
神奈川県庁本庁舎大会議場短編演劇集 特設ページ
演劇・ダンス
2014.03.11

神奈川县政府机关本会堂短剧集特别网页

(当前页面由Google翻译功能自动转换,翻译内容并非完全正确。敬请谅解。)

-戏剧在县厅! ? --

4月12日和4月13日,将举行“神奈川县厅本政府大楼大型会议中心短片集”。 “恩?县厅剧院?”
你有这样的问题!
没错!神奈川有史以来第一次在神奈川县政府的大型会议厅上演。
关于活动的结果,在名为“开放对话空间”的计划中,响应州长的话“我想开放更多的公共场所”,市民和黑井知事在会议厅交换意见。

我想在这个房间玩

这样的意见突然出现了。
这是一个不错的空间,但是我通常将其用于会议,这可能吗?
Magcal也在那里,但可以当场!
我对县的积极意见和迅速的配合感到非常惊讶。
最终真正开始的计划是“神奈川县政府机关本会堂短片集”。
这次,我想传达项目的内容以及会议厅的照片以及项目创建者Sasaura Nohirohiro和Kawada Kawada的评论!

最终传单_page_1 图片:海报视觉

---

□我们收到了该项目的创建者筱浦信宏和川田昌子的评论!

-神奈川县历史上第一次るという事ですが、

この場所で開催されることに対して意識されていること、また期待されている事などはありますでしょうか。

笹浦暢大さんより

今回の公演は、神奈川県主催の「対話の広場」で「マグカル構想」について知事がお話しされていたときに、知事が「文化をマグネットのように、つなげて発信していきたい。その場所としてここ(本庁舎大会議場)を使ったっていいんだよ。」と、たまたま仰ったことに対して、一般質問で河田が「じゃあ使いたいです」という、実にストレートで素直で向こう見ず(笑)な発信をしたことから、はじまっている企画です。

まずは前代未聞の企画に対して、素早く対応していただいている県庁の方々に、感謝しています。

演劇なんて関わったこともなかった沢山の人たちが、現在、僕たちを支えてくれています。

まったくのゼロから僕たちとミーティングを何度も重ねて、メールも何度も何度もやり取りしてくれて、出来る限りのことをしてくれています。

劇場ではない。何もない。歴史的建造物、かつ、通常時稼働している役所です。

そういう場所で、演劇をつくるということは、本当に大変なことです。

ですが、大変さ以上に、表現の場として非常に魅力的でした。

大会議場という場所じたいに、底知れない磁力のようなものがある。しかも、誰も演劇公演を行ったことがないし、あまりよく知られていない。そんな場所に僕たちのつくる非日常を持ち込めること。表現者としてわくわくします。

演劇は芸術表現の形態上メディアを利用してもその本当の魅力は伝えにくいですが、そういうところでやることで、神奈川のいまのシーンはこれなんだ、ということを発信したいです。

このために、自分たちだけの単独公演ではなく、短編演劇集という形をとりました。

この企画が成功したら、引き続き行政にも絡んでいただきつつ、県内のいろいろな面白い場所でシリーズ化してやっていけたら、と考えています。

それは、人々の日常や教育の現場にも、当たり前に演劇がある環境を実現する、第一歩だと思っています。

僕が「日独青少年指導者交流セミナー」で訪れたドイツで知った、ヨーロッパの演劇風土、公共劇場や劇団の関係のあり方は理想であり、それを神奈川でつくっていきたい。

そのためには、まずご我们希望游客能够一次欣赏和欣赏各种戏剧,近年来,我们一直致力于“短篇小说”的形式。

从川田翔子出发
我写了一部夜间电视剧《黎明的男孩》,与一个名叫Yoshio Obi的年轻人一起设计了县政府办公大楼。
黎明的意思是“黎明”。这也意味着新的事物将开始。
我从大型会议厅获得电源,并写了一些有趣的东西。如果这种表现在许多方面都破晓,那将是很好的。请来访问我们。
打印
照片:大型会议厅的状态。看到地毯和照明灯等历史悠久的空间真是令人兴奋。

■佐仓信宏
导演,制片人,舞台导演。 Mojamoja头和鳗鱼计划代表。
以神奈川县为中心,制作各种类型的戏剧作品。从音乐剧到对话剧,从幻想到社会主义,都经过精心指导。利用戏剧人员的特点建立了良好的声誉,该人员利用知道舞台导演的戏剧表达,无用的时间和坚持不懈的员工的特点。最近,她开发了一个短剧表演策划部门“ SHOTGUN农产品”,该作家聚集了作家,“音乐项目“ M.PinK””使市民与音乐剧们见面,还有一个短剧比赛“神奈川激气2”。根据他作为舞台导演和剧院基础设计顾问的经验,他已经完成了许多适合环境和环境的项目。此外,作为戏剧教育者,他在公司和学校举办过许多讲习班。
嗯特别是最近,我们正在为有残障证的人在独立支持项目中使用戏剧方法开发交流课程。日本理事协会会员。神奈川县剧院联合会执行理事。

■川田翔子|川田昭子
剧作家。锅铲锅铲眼镜。
毕业于学院院大学文学系日本文学系。生于神奈川县横滨市。在瑞士苏黎世度过您的童年。他在作品中反映出自己的主题背景和语言感的同时,也擅长分析和汇编过去材料中的脚本。我们为每个小组提供各种作品,包括音乐剧,对话剧,公民剧和短篇小说。 2009年,为JMS“公主合集”(吉祥寺剧院)提供了脚本。之后,我们还提供了剧本,供横滨举行的鹤见区和户冢区的音乐剧参加。另外,以“ Herahera Glasses”的名字宣布的涉及人类真相的作品正在以多种方式进行开发。此外,他还曾与Sasaura合作演出过许多演出,包括担任Magcal Friday制作人“ Sakuragicho Kaiki-kai”的制作人以及SHOTGUN制作的“ BULLETS AS SORTED”的联合制作人。

名称未设置1

-性能组信息-

■厚木舞台学院
“梦梦梦游商务版-芋头河童”

组成和导演:久岛康彦,铃木里沙(门)
导体总数:Yokouchi谦介(门)
编舞:池田幸喜,A彩绘里
演唱指导:上野麻里子
规划与管理:(公益法人基金会)厚木市文化振兴财团
从2010年开始的“厚木舞台学院”。 4至2岁的儿童在活跃于各自领域前线的老师的指导下学习唱歌,跳舞和表演课。他们正在扩展自己的活动领域,包括在节日和其他活动中露面,以及各种艺术家的现场和PV露面。
http://www.tobiraza.co.jp/kouen2011/index_0703_dream.html

■剧院045集团
“ Sixx”

今井克穗(剧场045联合组织),平田启太,井上秀幸,中山智史(剧场045联合组织)
由公司总裁中山友文(Tomofumi Nakayama)于2010年成立,旨在通过他的横滨本地发送消息。制作了Gekio Kanagawa锦标赛,并在该市的酒吧和餐馆从事现场舞蹈表演。 2014年1月,首次演出“ 12只动物”。活跃于关键词“在横滨使生活变得生动”。
http://theater045.exblog.jp/

■偏好
“男生学校几乎没有欺负人吗?短版”

小野真理子(Mariko Ono Music)撰写和导演:后藤洋明(Hiroaki Goto)
主演:伊藤雅子,大川翔子,清水菜穗,中谷弥生,原田百合子(鸟的标志,雷蒙·霍玛
剧作家小野麻里子的戏剧单元。 2011年,他在“被拆除的安东尼·雷蒙德(Antonin Raymond)建筑前体育馆的故事”(神奈川美术馆)中受到关注。他以诗歌作为武器,旨在通过穿越时空,使“艰难”的剧院变得“有趣”。
http://shukoushuko.blog48.fc2.com/

■田一
“吸血鬼辩论”

M崎刚(Tsuyoshi Mezaki)撰写和导演
主演:中村夏美,长谷早耶,安全带(计划将很快重命名)Zen Suenaga,麻田裕喜,大川大辅(Shimokkare!),大加山山,二宫崎美,中崎刚等。
早稻田大学剧院俱乐部于2007年推出的单位。旨在以“不可能”和“不可能”的幻想风格进行娱乐。虽然他主要在东京工作,但Mezaki还负责神奈川县的演出,居民音乐剧的屏幕制作,初中,高中的剧院WS等。
http://tasuichi.soudesune.net/index.html

■Majamoji头和锅铲眼镜
“黎明男孩”

川田翔子(喷水眼镜)撰写
方向:佐浦信弘
表演者:太极藤代(Maimu Pro),元守真野(Funun南瓜马车),明季
成立于2011年的部门,与“ Majamo-ja head”,鳗鱼计划Sasaura Nobuhiro,“ serahera眼镜”和作家川田翔子一起表演“捷径表演”。主要活跃在神奈川县。
http://ameblo.jp/heraheramegane/