JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
音楽
この秋、横浜赤レンガ倉庫でクラシック音楽フェスを満喫!
2018.07.06

STAND UP! CLASSIC FESTIVAL ‘18
制作発表記者会見レポート

9月23日(日)、横浜で国内最大級のクラシック音楽の野外フェスティバルが開催されます。参加者の動員規模はおよそ3万人。会場となる横浜赤レンガ倉庫特設会場には3つのステージが設けられ、午前10時30分から午後8時30分まで、実に10時間にわたって多彩なプログラムが繰り広げられるそうです。
先日、東京・渋谷でフェスティバルの制作発表記者会見が開かれました。フェスに出演予定のミュージシャンたちも登壇すると聞き、マグカル取材班も会場へ急行。フェスティバルの概要と出演者の意気込みを取材してきました。

オープニング映像に続いては、STAND UP! ORCHESTRAから選ばれた10人のプレイヤーが登場し、クラシックの有名曲をメドレー形式でアレンジした「Hello(ハロー)」を演奏。ノリノリの演奏に、フェスへの期待感が盛り上がります。

フェスでは総合司会も担当する女優でピアニストの松下奈緒さんからのビデオメッセージに続いて、フェスに出演するヴォーカル・グループのLE VELVETS(ル ベルベッツ)、ピアニストの反田恭平さん、ヴァイオリニストの宮本笑里さん、ヴァイオリニストのNAOTOさん、サクソフォン奏者の上野耕平さんらが登場。フェスへの意気込みや、楽しみ方のポイントなどを語りました。

クラシック音楽というと、なんとなく敷居が高いイメージがありますが、出演者の皆さんの話を聞いていると、なんとなく親しみが湧いてきます。

LE VELVETSの皆さんは、ベートヴェンの「喜びの歌」をアカペラで披露し、フェスに参加できる喜びを表してくれました。
この素敵な歌声を、青空の下で聴けるなんて! とっても楽しみです。

質問タイムに入ったところで、マグカル記者も挙手!
横浜赤レンガ倉庫や横浜に対する思いを伺ってみました。

上野耕平さん
「以前赤レンガ倉庫に行った時、すごく大きな客船が停泊していて驚いたことを覚えています。あの迫力に負けないような演奏をしたいですね」

NAOTOさん
「横浜にはジャズクラブもあるし、大好きな町のひとつです。あの独特の雰囲気が音楽のスパイスになることを楽しみにしています」

宮本笑里さん
「海が近く、リラックスできる町ですね。幼い頃に住んでいたヨーロッパの町並みにどこか似ていて、クラシカルな香りを感じさせてくれるし、とても落ち着ける大好きな場所です」

反田恭平さん
「コンサートでみなとみらいを訪れた時は、空き時間を利用して近所を散歩します。リラックスできる場所なので、大好きです」

LE VELVETSの皆さん
「赤レンガ倉庫はとても雰囲気の良い場所です。音楽は素敵な場所で演奏すると何割も魅力が増して感じられるので、僕らもその雰囲気に負けないよう頑張ります」

 

日頃はコンサートホールに入れない小さなお子さんも一緒に音楽を楽しめるのは、野外フェスならでは。食べながら、飲みながら、芝生に寝転びながら。今年の秋は、自由なスタイルで、思う存分クラシック音を楽しみましょう!

 

《STAND UP! CLASSIC FESTIVAL ‘18》

■日程:9月23日(日•祝)※雨天決行
 10:30開演(9:30開場) 20:30終演
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場
■チケット:1日券シーティング 13,800円/1日券スタンディング 9,800円
半日券(14時まで)5,500円

※4歳以上チケット必要(3歳以下無料)
公式HP:http://standupclassicfes.jp/