JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
音楽
Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』
2017.04.26

世界で活躍する女性ジャズミュージシャントリオ、「G.G.」のJAPAN TOUR(モーションブルーヨコハマ)

さて今回は第一回目ということもあり、豪華な女性ミュージシャンのインタビューをしてきました。4月21日(金)にモーションブルーヨコハマで開催された、世界で活躍する女性ジャズミュージシャントリオ、「G.G.」のJAPAN TOUR。リーダーはMisty のピアニスト、Takanaさん。そしてNYのベーシスト植田典子さんとテキサスからのドラマー、満寿美ジョーンズさん。何と私もゲスト出演させて頂きました!

IMG_6687_th

G.G.の3人揃っての日本公演は実に20年ぶり。
G.G.の思うジャズ、また今回のライブの感想のインタビューです。

ーーG.G.の皆さんの結成経緯を教えて下さい。

宮本:出会ったのは95年のボストン。3人はバークリー音大にほぼ同時期に入学し、わたしはフィルムスコアリング(映画音楽学科)に入ったのですが、いつの間にかジャズもプレイするようになりました。音大で出逢った広島出身のドラマーのジョーンズ満寿美さんと、兵庫出身のベーシスト植田典子さんの演奏を聴いて感動し意気投合、トリオで何かやってみようと結成し活動開始。ボストンでも人気のバンドとなり、ファーストアルバム「Piece of Cake」を録音、97年にリリース、日本ツアーもしました。

ーーG.G.の皆さんが思うジャズとは??

植田:自由があるから、そこで自分を表現できる。
全員:(納得)
宮本:みんなそれぞれの音のセンスとリズムを持っていて、それぞれの文化も持ち寄って、そこで一緒に即興でコラボしていける。ちゃんぽん鍋のような(笑)初対面でも言葉が通じなくても音を一緒に作れる、素敵な芸術形態だと思います。
植田:どんな味に出来上がるかは、その時の素材と入れるものによって違ってくるし。お料理に例えると言いやすいですね(笑)

ーー日本でも海外でも活躍されていますが、オーディエンスの違いはありますか。

ジョーンズ:アメリカの人は踊り出します。踊れる音楽でスペースさえあれば踊り出す人がいるんです。
宮本:中にはプロのダンサーも聴きに来ていることもあって。くるくるとダンスが始まってとってもうまくて。
ジョーンズ:そうそう、みんなそっちを見てしまったり(笑)日本のお客さまは真剣に見ている方が多いですね。
宮本:日本はすごく音楽にリスペクトがあるから、静かに真剣に聴いてくれますね。踊って下さっても嬉しいですよ。(笑)

ーー20年ぶりの3人揃ってのG.G. Japan Tourという事ですが、2日目のモーションブルーヨコハマ、ライブを終えられていかがでしたか。直に3人のセッションは思い出したりしましたか。

宮本:何年経っても変わらない3人の一体感に感激しました。一曲一曲感無量でしたよ。
アフターパーティ企画も楽しかったですね。ミホちゃんじゃんけん大会強すぎ!(笑)
ジョーンズ:日本で、というのはびっくりだし、不思議な感じ。でもとっても楽しかったです。

ーー今夜のゲストボーカル、Ryu MihoとのG.G.コラボレーション、いかがでしたか。

宮本:Mihoちゃんと満寿美ちゃんのからみが面白くて(笑)初対面とは思えなかったです。
ジョーンズ:笑
植田:Mihoちゃんはすごい透明感があるから、入った瞬間からそのピュアさが溢れ出してました。だから直に心に訴えるんだと思う。
宮本:ハートを全開にして唄っているMihoちゃんの姿は本当に素敵でした。
Ryu :ありがとうございます!

ーー最後に女性読者にメッセージをお願いします!女性がジャズクラブに行きやすくなるには?

宮本:ジャズクラブには最近イケメンがいっぱいいますよ(笑)
ジョーンズ:ホントに?(笑)
宮本:ホントです。(ウィンク)でも最近、若い女性のお客さんがとても増えているんですよ。いろいろ詳しい人もいますし。私が男性アーティストと多く演奏していることもありますが、遠方からいらっしゃる方も多数。嬉しいですね。
ジョーンズ:またジャズは男性ミュージシャンの方が多いということもあるし。
宮本:だから会場に女性が来てくれると嬉しいです。
植田:G.G.としては女性の方に聴いてもらって共感してもらえることが嬉しいですね。
全員:そうだね!!

IMG_6687_th

いかがでしたか。第一回『Woman in Jazz』
日本で、世界のジャズシーンで活躍する女性ジャズトリオ、G.G.に貴重なインタビューをすることが出来ました。
女性が会話をするように優しく演奏が始まり、美しく情熱的な場面も沢山ありました。
またこの日は貴奈さんの長年の音楽パートナー、日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤーTOKUさんが遊びに来ていて、最後にアンコール曲「上を向いて歩こう」で飛び入り参加し、豪華なセッションになりました!
ジャズは何でもできる!その事を実感できた瞬間でもありました。
お洒落なモーションブルーヨコハマでの3人の貴重な演奏は、お客さんにとっても忘れられないライブになったと思います。

今後も神奈川で日々どんなジャズライブが行われているか、そして今活躍しているミュージシャンの声を読んで下さっている皆さんへ熱くお届けしていきたいと思います。
是非これからも楽しみにしていてくださいね!!

Ryu Miho

IMG_6687_th

(参考)
【G.G.】1995年、米ボストンで出逢った 宮本 貴奈(p)、植田 典子(b)、ジョーンズ 満寿美(d)が、ジャズトリオ【G.G.】を結成、1stアルバム【Piece of Cake】を発表、全米放送B.E.T.でTVデビュー。NYを拠点に米各地のフェス出演等活躍するも、メンバーの移動により活動休止。2015年に再会、待望の2ndアルバム【Ruby Road】を発表。アメリカで活躍を続けているオリジナルメンバーの植田典子(NYC)とジョーンズ・満寿美(Texas)が来日、アルバム発表初の国内ツアーがついに実現。水戸,横浜公演では、歌姫リュウ・ミホがゲスト参加。
https://www.facebook.com/ggjazztrio/
CD【Ruby Road】
http://www.jazzybeatrecords.com/items/item.html?product_id=34

4月21日(金)G.G.セットリスト@Motion Blue Yokohama
19:00〜
1st
①Sir Duke
②Tea Time Alone
③Norwegian Wood
④New Cinema Paradise
⑤Your Reason
(6) Skylark Hills

2nd
① Sarah’s Tail
② Misty with Ryu Miho
③ My Favorite Things with Ryu Miho
④ 映画「惑う」主題歌 「Home at Last/ 家族の風景」 with Ryu Miho
⑤ Skindo-lele with Ryu Miho
⑥ Ruby Road
⑦ Sakura Saku
En 上をむいて歩こう with Ryu Miho ,TOKU (Flugelhorn)

関連するURL:http://www.motionblue.co.jp/