Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
ベトナム「食」紀行 in KANAGAWA 〜 神奈川で味わうベトナム料理の旅 〜
講座・ワークショップ
2015.08.25

ベトナム「食」紀行 in KANAGAWA 〜 神奈川で味わうベトナム料理の旅 〜

VIETNAM FESTA KANAGAWA

もぐカルさんが行く!vol.4 ベトナム(食)紀行 in KANAGAWA~神奈川で味わうベトナム料理の旅~

イラストマップのデータはこちら から

りす

ベトナム料理の代名詞! フォーをいただいたのは
「Hanoi ベトナムの食卓」
鶏肉のフォー 青パパイヤのサラダ 冷たい南国のチェー

Hanoi ベトナムの食卓

澄んだスープにぷるぷるの麺が輝くフォー。オーナー自ら朝一番にしめたというこだわりの鶏肉は弾力がありジューシー。スープは鶏だしの旨みが上品に凝縮され全部飲み干してしまうほど!青パパイヤのサラダには炒って細かく砕いたピーナッツがふんだんに和えられ、えびせんに載せて口に運べば、香ばしい風味が口いっぱいに。チェーは、氷の代わりにアイスにした緑豆団子をトッピングすることでヒンヤリをキープ。数種のトロピカルフルーツと共に最後の一口まで冷たくおいしくいただけます。

金
鶏肉のフォー(¥800)青パパイヤのサラダ(¥800) 冷たい南国のチェー(¥500)

Hanoi ベトナムの食卓

店舗
Hanoi ベトナムの食卓
神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-18-4
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140212/14004772/
TEL 045-434-6676
東急東横線 東白楽駅より徒歩3分
JR京浜東北線 東神奈川駅より徒歩4分
定休日:土・日・祝はディナーのみ(ランチはお休みです)

ベトナム人のソウルフード ベトナム風サンドイッチ=バイン・ミーがテイクアウトで食べられる!
「ベトナムサンドウィッチ Thao's(タオズ)」
ベトナムハムとレバーパテのバイン・ミー

ベトナムサンドウィッチ Thao's(タオズ)

自家製のマヨネーズと濃厚な鶏レバーパテを塗ったパンに、ベトナムハム・なます・パクチー・青ネギを挟んだサンドウィッチは、ベトナム定番のメニュー。ハムは、豚肉のソーセージハムと、豚のなんこつやキクラゲの食感・ピリッと効いた粒こしょうが楽しめる2種で、こちらも自家製!バイン・ミー用に特注したベトナム式フランスパンは、パリッとした薄皮の表面と中のふんわりした”エアー感”が特徴。軽い質感のパンが具材とバッチリ馴染み、ソフトな噛みごたえでおいしく食べられます。

金
ベトナムハムとレバーパテのバイン・ミー(¥600) ミニサイズ(¥400)

ベトナムサンドウィッチ Thao's(タオズ)

店舗
  ベトナムサンドウィッチ Thao's(タオズ)
神奈川県川崎市中原区木月2-1-1
http://banhmithaos.com/
TEL 044-982-3299 東急東横線 元住吉駅から1分
定休日:火曜日

ココナッツミルクを使った バイン・セオなど、南部を代表する料理をいただいたのは

「ベトナム料理 レーロイ」
バイン・セオ 巻物三種合わせ チェーババ

ベトナム料理 レーロイ

ベトナムのお好み焼きと言われる「バインセオ」は、卵と小麦粉の生地にココナッツミルクを混ぜて焼き、そこへ炒めた野菜や海鮮・肉を挟んだもの。生地の外はカリッ、中はモチッとしていて、葉野菜で巻いて食べるとすべての素材の旨さが鼻を突き抜けていきます!網状のライスペーパーで巻かれたベトナム北方の揚げ春巻きは歯応えサクサク。チェーババにはホクホクとした角切りタロイモの甘みがマッチし、キクラゲの食感がアクセントに。

金
バイン・セオ(¥1,280)巻物三種合わせ(¥850) チェー・ババ(¥430)

ベトナム料理 レーロイ

店舗
  ベトナム料理 レーロイ
横浜市中区吉田町47 ベトナム料理レーロイビル
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14004258/
TEL 045-251-3518
JR京浜東北線 関内駅から徒歩3分 火曜日定休

ベトナム中部、かつての王朝があった都市 フエを代表する料理 ブン・ボー・フエをいただいたのは
「ベトナムの食卓 HOAHOA(ホアホア)」
ブン・ボー・フエ ホイアンの鶏めし あずきとココナッツミルクのミックスチェー

ベトナムの食卓 HOAHOA(ホアホア)

太めのライスヌードルに、唐辛子・ニンニクにレモングラスを加えた辛味ソースをトッピングする牛肉麺ブン・ボー・フエは、モチモチとして弾力のある太麺がピリ辛のスープと絡んで喉越し抜群。鶏ガラとニンニクで炊いたご飯に、蒸し鶏とパパイヤ・ミント・パクチーなどの野菜を混ぜた鶏めしは、もぐもぐ食べられる満足メニュー!あずき入りのチェーは日本人好みの味覚を意識したこちらのお店ならでは。

金
ブン・ボー・フエ(¥950)ホイアンの鶏めし(¥900) あずきとココナッツのミックスチェー(¥480)

ベトナムの食卓 HOAHOA(ホアホア)

店舗
ベトナムの食卓 HOAHOA(ホアホア)
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-25
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14006626/
TEL:050-5571-3733(ご予約専用)、045-561-2297(お問い合せ専用)
東急東横線 日吉駅から徒歩2分
無休

ベトナムフェスタ in 神奈川にもご出演のトルン奏者小栗久美子さんからコメントをいただきました。

小栗久美子

りす

ベトナム北部 ハノイ発祥の料理、ブン・チャーをいただいたのは
「ベトナム料理 SAIGON KIM THANH(キムタン)」
ブン・チャー 豚焼肉とライスペーパー 三色のチェー

ベトナム料理 SAIGON KIM THANH(キムタン)

ベトナム北部・ハノイ発祥の麺料理、ブン・チャー。つけ麺とも混ぜ麺とも言われ、今では北部に限らず食されているそう。キムタンで食べられるのは南部スタイルのブン・チャー。たっぷりの野菜と揚げ春巻きがトッピングされたライスヌードルに汁をかけ、混ぜていただきます。しょっぱめにミックスしたナンプラーソースが、麺と野菜・高温で炒った香ばしいピーナッツ・なます(大根と人参の酢漬け)と絡んで美味!自分で具材を巻いて食べられるライスペーパー巻きは、甘辛ジューシーな豚焼肉に豊かな風味のベトナムバジルが相性バッチリ!彩り鮮やかな三色のチェーに、皮は緑色だけど中は黄色い”緑豆”のやさしいイエローが映えます。

金
ブン・チャー(¥890)豚焼き肉ライスペーパー(¥825) 三色のチェー(¥550)

ベトナム料理 SAIGON KIM THANH(キムタン)

店舗
  ベトナム料理 SAIGON KIM THANH(キムタン)
神奈川県川崎市川崎区東田町4-7 フロムKビル 1F
http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14004321/
TEL 044-245-1272
JR京浜東北線/東海道線/南武線「川崎駅」東口、または京浜急行線「京急川崎駅」南口から徒歩8分。
不定休

フランス植民地時代の影響を感じさせる料理をいただいたのは
「AULAC(オーラック)」
ベトナム風オムレツ 海鮮おこげ ベトナムコーヒー

AULAC(オーラック)

ココナッツ風味のマイルドなカレーソースが掛けられた、オムレツはふわふわでトロトロ♪海鮮素材と野菜たっぷりのおこげは、風味豊かなニンニクやセロリもアクセント。おこげはベトナム語で「コムチャイ」といって、日本と同様に食べられているんだとか。繊細な味付けが特徴のハノイ出身のシェフが作る料理はどれも、素材とベースの味が生き、ベトナム料理らしさと日本人の味覚への適合バランスが絶妙!甘く香ばしくバターでローストされたベトナムコーヒーは、練乳と混ぜれば食後の至福の一杯に。

金
ベトナム風オムレツ(¥880)海鮮おこげ(¥1,080) ベトナムコーヒー(¥500)

AULAC(オーラック)

店舗
  AULAC(オーラック)
神奈川県小田原市荻窪529-1
http://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14037438/
TEL:0465-34-50004
JR東海道本線小田原駅 西口 徒歩10分
小田急小田原線小田原駅 西口 徒歩5分
月曜日定休

りす

伊藤忍さん

ベトナム料理研究家 伊藤忍のサイト an com     http://www.vietnamfoodnet.com/

仕切り

編集・写真:井上 明子(MAGCUL.NET)

イラスト:大門 光
漫画家。
喫茶店の訪問記を綴ったブログ「だも、悩める休憩時間」を不定期更新中。そのほかにポートフォリオサイト「だも、心の愛$部屋」も随時更新中です。

食レポ:大島 智衣
作文と演技。webサイト「ミームの箱船|大島智衣」にて、コラムエッセイ『男子発言ノート〜どうせ私じゃない誰かを好きな男たちの言動について』『好きにならずにいられてよかった』など好評連載中。映画シナリオ作品"横浜を舞台にした連作ショートフィルム" Life works『花の名前』がシネマジャック&ベティと横浜シネマリンにて絶賛上映中(〜8/28)。

関連するURL:http://www.infiorata88.com/vfes-kanagawa/access/index.html
関連記事