Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
先乗りレポート!Broadway Musical『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』
2014.05.10

先乗りレポート!Broadway Musical『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』

マグカルさんが行く!
今回は5月10日(土)よりKAAT神奈川芸術劇場にて開催される話題のミュージカル
Broadway Musical『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』をレポートさせていただきます。
公式ページ:http://www.intheheights.jp
 
「え?まだ公開前なのに?」って思いました?
 
そうなのです。
神奈川ではまだ上演されていないのですがレポートの為にご厚意で先に東京での公演を拝見させていただいたのです。
豪華日本人キャストによりブロードウェイの名作がどのように生まれ変わったのか。
以下前乗りレポートとなりますので神奈川公演を見に行く予定の方も今まさに興味を持たれている方も是非ご覧ください!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』はリン-マニュエル・ミランダが学生時代に書き上げ、
オフ・ブロードウェイからオン・ブロードウェイへと上り詰めた名作。
やはりそこで気になるのが今回は日本での上演と言うことであり言葉は日本語、キャストはすべて日本人ということ。
そんなパワフルな作品を日本版『イン・ザ・ハイツ』でどう表現するのか…
そんな期待を胸に東京公演へ向かいました。
 
舞台はマンハッタン北北部のワシントンハイツ。
上演が始まるといきなり大野幸人演じるピートの華麗なダンスとDef TechのMicro演じるウスナビのラップと
序盤からパワフルかつ軽やかに『イン・ザ・ハイツ』はスタート。
このミュージカルはダンス、ラップとラテンのリズムが盛りだくさんとなっており、舞台は常に見どころでいっぱい!
Microのラップはもちろん元々専門という事もあり素晴らしいのですが今回の日本公演の為に全編の歌詞を担当したのはなんとあのKREVA!
原作も凄いだけに日本版でも実力と内容とともに最高のメンバーを揃えているといっても過言ではないでしょう。
 
ちょっと話がそれてしまいましたが舞台はずっとワシントンハイツを中心に進んでいきます。
ワシントンハイツは移民が多く、ウスナビ(Micro)はドミニカ系移民で両親の残した雑貨屋を経営しながらいつか祖国に帰って暮らす事を夢見ています。
近所の美容室で働くヴァネッサ(大塚千弘)に恋をしつつも自慢のコーヒーを手渡したり、
だめなバイトのソニー(中河内雅貴)を説教したりと何気ない日常風景の中に次々と町の皆が登場していきます。
また、同じ街のタクシー会社ではたらくベニー(松下優也)は会社の社長夫婦の娘ベニー(梅田彩佳/AKB48)に恋をしており、
なかなかそれを夫婦に打ち明けられない。
そしてそのベニー本人も親に言えない秘密がありそれぞれの思いや悩みが交錯していきます。
そんな様々な物語とともに街に大きな転機が。
街の誰もが慕っているアブエラ(前田美波里)にとある大きな奇跡が起きて街は大変な事に…。
 
ITH_004
撮影:引地信彦
 
ひとつのきっかけを境に歓喜と不安が皆に押し寄せ、それぞれの思いと考えがぶつかり合っていき、恋、別れ、悲しみ、そして本当の幸せとは何か。
本当に大切なものとはなんなのか。
そんな日常の様々な思いをパワフルかつ感情溢れんばかりの歌とダンスで表現していくのですが、それが本当に美しくて最後までずっと目が離せませんでした。
 
ストーリーの舞台はアメリカですがそれぞれの抱く思いや、心情は日本人の私たちでも十分感じる事ができますし、
その表現力を目の当たりにすればその意味も分かってもらえるはずです。
先乗りレポートなので内容を細かに書く事ができないのがなんとも惜しいところですが、この舞台では国は違えどもそれぞれが抱く信念や思いなどが、
日本版として本当に楽しく、そして美しく表現されているのではないかと思います。
 
特に最後まで感じたのがラップなのに歌詞がちゃんとこちらに伝わってくるということ。
東京の公演では字幕もありませんでしたし、歌のテンポもかなり早い部分があるのですがそれがストレートに伝わってくるというのは日本版としてちゃんと作り込まれているからこそなのではないかと思います。
またやはり生の演奏も観ていて楽しめますし(後にちらりと見える感じですが)ご覧になる方は是非隅々までこの舞台を堪能していただきたい!
 
ITH_002
撮影:引地信彦
 
「イン・ザ・ハイツ」の国内ツアーも今週末開催される神奈川公演でいよいよファイナル!この楽しくも美しいミュージカルを観るべく、是非今週末は
神奈川のワシントンハイツを訪れてみてはいかがでしょうか。
 

32375_1

関連するURL:http://www.intheheights.jp
関連記事