JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
演劇・ダンス
上野水香さんから皆さまへ!『Jewels from MIZUKA Ⅱ(ジュエルズ フロム ミズカ Ⅱ)』チケットプレゼント
2018.10.24

2014年に初めて企画され、大好評を博した上野水香プロデュース公演『Jewels from MIZUKA Ⅱ』。その第2弾が実現します!
世界的なスター・ダンサーであるウラジミール・マラーホフさん、マルセロ・ゴメスさんをはじめ、国内外で活躍する日本人ダンサーたちが、上野さんの呼びかけに応じて神奈川県民ホールに集結。一夜限りの素晴らしいステージを届けてくれます。
日本を代表するトップダンサーとして圧倒的な人気を誇る上野さんは、神奈川県のご出身。県民ホールとの縁は深く、今年だけでも9月の『プティパ生誕200年ガラ』、年末の『ファンタスティック・ガラコンサート』など、数多く出演されています。
「県民ホールは私にとって、とても思い入れのある舞台です」と語る上野さんに、今回のプロデュース公演の見どころを伺いました!

ご自身が踊るだけでなく、プロデュース公演を手がけてみたいと思われたきっかけは?

幼いころから踊ることが大好きで、いろいろな環境でいろいろな作品を踊って来ました。自分の中に「これを踊ってみたい」「あれを演ってみたい」という思いが芽生えてくると『マラーホフ&フレンズ』や『ルグリと輝ける仲間たち』のようなガラ公演にも呼んでいただき、とても素晴らしい経験をさせていただいたと思っています。
ガラ公演はお祭り的というか、全幕ものとは違う独特の雰囲気があるんです。そうした経験を重ねる中で、仲間たちを見て「彼があの役を踊ったらどうだろう」「彼女があれを踊ったらきっと素敵だな」といった構想も膨らんできて、自分のガラ公演をプロデュースしてみたいと思うようになりました。

第1回目のプロデュース公演は大好評でした

ありがとうございます。前回は、主にいつもバレエ団で一緒に踊っている仲間たちに出てもらったのですが、彼らが普段とは違う表情を見せてくれて、生き生きと楽しそうに踊ってくれたことが印象的でした。彼らも「すごく楽しかった」「また絶対やりたい」と言ってくれて、私だけでなくみんなが喜んでくれたことが嬉しかったですね。

ご自身でプロデュースされることの面白さとは?

自分の力でやっている、という実感が得られて、まさに「生きている!」という感じがするんです。
キャリアを重ねてきた中で「また踊りたい」と印象に残っている作品や、ずっと憧れてきて「踊る機会が欲しい」と願っている作品。そうやって積み重ねてきた小さな夢を集めて披露するのが、私のガラ公演なのだと思います。

今回の見どころを教えてください

クラシックからモダンまで、バラエティ豊かな作品を揃えました。また、いつもガラ公演に呼んでくださったマラーホフさんをはじめ、出演してくださるゲストもバラエティに富んでいるので、私自身とても楽しみにしています。
同じ国内で活動していても、別のカンパニーのダンサーと同じ舞台に立つ機会はあまりありません。彼らと一緒の舞台に立つことは、きっとお互いに感じるものがあると思っています。

おすすめの作品は?

もちろん、全部です!
私が踊る作品についてお話しするなら、まず『リベルタンゴ』。これまではこの作品の振付をされた高岸直樹さんや柄本弾さんと踊って好評をいただいているのですが、今回はゴメスさんと踊ります。8月に「世界バレエフェスティバル」で来日された際にお声がけしたら「僕も水香と踊りたかったんだ」と二つ返事で快諾してくださったので、私の方が驚いてしまったくらいです(笑)。ゴメスさんとはガラ公演などで何度かご一緒しているものの、パートナーを組むのは初めてなので、ドキドキしますね。
そしてローラン・プティ振付の『ボレロ』。ベジャール振付の『ボレロ』は世界中で何十回も踊ってきましたが、プティ版は初めてです。ずいぶん前のことになりますが、プティさんから「一度、水香に踊らせたい」と言われたことがあったものの、なかなか機会がなくて。今回はやっと巡ってきたチャンスなので、一緒に踊る柄本さんとすごく楽しみにしています。べジャール版とはまったく違うけれど、プティさんらしいエスプリの効いた魅力的な作品です。

クラシックでは『海賊』を踊られます

はい。柄本さんとは何度も共演していますが、秋元さんとは初めてなので、これも楽しみです。お互いに「いつか踊りたいね」と言っていたので、これも“小さな夢”のひとつですね。
大切なのは、そんな私の夢の積み重ねを、お客さまが喜んでくださるカタチで実現することだと思っています。出演するダンサーにとって、そしてもちろん、観に来てくださるお客さまにとって素晴らしい経験になるよう、準備を進めています。
ぜひ、楽しみに観にいらしてください!

上野水香プロデュースバレエ
『Jewels from MIZUKA Ⅱ』

[日時]11月17日(土)15:00〜(14:15開場)
[会場]神奈川県民ホール 大ホール
[プログラムと出演]
カルメン組曲 より アダージョ アロンソ 振付:上野水香 マルセロ・ゴメス
リベルタンゴ 高岸直樹 振付:上野水香 マルセロ・ゴメス
ボレロ プティ 振付:上野水香 柄本弾
『海賊』より:上野水香 柄本弾 秋元康臣
『ロミオとジュリエット』より 篠原聖一 振付:下村由理恵 今井智也
Manon la mou ベジャール 振付:吉岡美佳
Craze of before dawn(夜明け前の狂気)宝満直也 振付:小野絢子 福岡雄大
『アラジン』より パ・ド・ドゥ ビントレー 振付:小野絢子 福岡雄大
『白鳥の湖』 第二幕 より アダージョ:渡辺理恵 京當侑一籠
『ラ・シルフィード』より:沖香菜子 秋元康臣
Absence of Storyより 島崎徹 振付:針山愛美 ウラジーミル・マラーホフ
Shelter Skelter (新作初演) 高橋竜太 振付 :〈Art Climbers Works〉高橋竜太 長瀬直義
梅澤紘貴 岡崎隼也 松野乃知 西村真由美 伝田陽美 上田実歩 秋山瑛

※音楽は特別録音音源を使用

[料金]S席¥9,000、A席¥7,000、B席¥5,000、C席¥3,000、学生(24歳以下・枚数限定)¥2,000
[チケット申込]http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/
[TEL]0570-015-415(チケットかながわ)
[URL]http://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=35562

※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。

***********************************

【応募概要】
11月17日(土)15:00から、神奈川県民ホールで上演される上野水香プロデュースバレエ『Jewels from MIZUKA Ⅱ』の観覧チケットを、1組2名様にプレゼントいたします。

【応募方法】

観覧チケットプレゼントご希望の方は、下記の応募フォームよりアンケートにご回答の上、ご応募ください。皆様のご応募をお待ちしております。

【応募〆切】
11月2日(金)2400まで

【抽選・当選発表】
ご当選者にはメールにて通知させていただきますので、迷惑メール設定などにご注意ください。メールは、マグカル・ドット・ネット運営事務局(info.magcul@gmail.com)からのご連絡になります。

★当選発表は、上記メールでの当選連絡をもって代えさせていただきます。公演当日、会場の「神奈川県民ホール」窓口にて、当選通知メールをご提示ください。スタッフよりチケットをお渡しいたします。
※いただいた個人情報は抽選以外の目的には一切使用いたしません。

 

応募フォームはこちら >